トライアル世界王者”フジガス”藤波貴久選手が現役を引退

●まとめ:ヤングマシン編集部(山下剛)

ホンダ・レーシング(HRC)契約でトライアル世界選手権を戦ってきた藤波貴久選手が、今季限りでの引退を発表した。

ホンダが配信したプレスリリースで、藤波選手は「26年間、トライアル世界選手権で戦い続け、今こそキャリアに幕を閉じるときが来たと確信しています。25年以上にわたって想像を超える戦績を残すことができ、とても幸せな26年間でした」とコメントし、チームやスポンサー、ファンへの謝辞を述べた。今後も何らかのかたちでトライアルに関わっていくという。

藤波選手は、’80年生まれの41歳。16歳のときHRCのライダーとしてトライアル世界選手権に参戦。’04年にはチャンピオンシップを制し、日本人初となるシーズン優勝を果たした。常にトップクラスを走り、日本と世界のトライアルを牽引してきた。

今季は94ポイントを獲得。総合6位でシーズンを終え、選手活動の幕を下ろした。

藤波貴久選手
[写真タップで拡大]

【藤波貴久】3歳からモトクロスをはじめ、13歳で全日本トライアルに参戦。15歳のときに優勝して最年少記録を更新した。世界選手権では21年連続トップ5を記録。

藤波貴久選手

モンテッサCOTA 4RTで競技に挑む藤波選手。今季は開幕戦2日目に5年ぶりの優勝を決め、最年長優勝を記録した。 [写真タップで拡大]


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

マシン・オブ・ザ・イヤー2021
マシン・オブ・ザ・イヤー2021

最新の記事

WEBヤングマシン|最新バイク情報