国産バイクメーカーだけでなくトヨタやBMWも!

出展企業に注目! 東京都主催の「EVバイクコレクション」は12月4-5日に開催

東京都は、CO2を排出しない環境先進都市「ゼロエミッション東京」の実現に向け、都内で新車販売される二輪車を2035年までに100%非ガソリン車にすることを目指している。これについての認知度を高めるためのイベント「EVバイクコレクション in TOKYO 2021」が開催される。

国内外メーカーによる電動バイクの展示&試乗会、そしてトライアルなどのショーも

東京都は、CO2を排出環境先進都市「ゼロエミッション東京」の実現に向け、都内で新車販売される二輪車を2035年までに100%非ガソリン車にすることを目指す……と息まいているのは以前の記事でもお伝えしてきた通り。都知事によるパフォーマンスの色合いが強く、どう考えても実現性は二の次で、現状の把握すらできていない状況を2020年末~2021年初頭に報じてきた。

これの続報にあたる……と言えるものではないかもしれないが、東京都は東京都主催の「EVバイクコレクション in TOKYO 2021」を2021年12月4日-5日に開催すると発表したのだ。

まずはEVバイクをより多くの人々に認知してもらうための開催であり、さまざまなEVバイクを展示し、試乗もできる。同イベントは2日間にわたり、国内外事業者によるEVバイクの展示や試乗会、EVトライアルショーのほか、スペシャルゲストとしてYouTuber芸人の「フワちゃん」が登壇するトークショーや有識者による基調講演、科学を学べるサイエンスショーなどさまざまなプログラムが実施されるという。

以前の記事では、バイクとクルマを安易に同一視している点に問題があるとしたが、東京都は今回“EVバイク”の展示に絞ったほか、試乗車両は“充電旅”でお馴染みのヤマハE-Vinoとし、電動バイクに親しみを持ってもらおうという狙いは見える。

また、国内外のEVバイクメーカーによる最新EVバイクを展示するとしており、出展企業名にはaidea株式会社、カワサキモータース株式会社、KTM Japan株式会社(KTM、ハスクバーナ・モーターサイクルズ、GASGAS)、トヨタ車体株式会社、ビー・エム・ダブリュー株式会社、株式会社プロト、本田技研工業株式会社、ヤマハ発動機株式会社(※五十音順)が並ぶ。ここでKTMやBMWといった二輪車メーカーがどのようなモデルを展示するのか、そして国産メーカーはすでに発表済みのモデル以外に何かを展示することはあるのか、注目したい。

なお、【2035年問題】として報じた以前の記事では、純ガソリン車の販売禁止について東京都の担当者は、世間の反応を見ながら「現実的な所で落と込む場合もある」とし、「’35年」という期限の変更に関しては「現段階ではわからない」と回答している。

無料のEVバイク試乗会では、ヤマハ発動機のE-Vonoに試乗できる。 [写真タップで拡大]

EVトライアルショーは、ヤマハの黒山健一選手によるデモランが見られる。12/4は13:30~、12/5は11:00~/14:30~の2回。 [写真タップで拡大]

イベント概要

・主催  :東京都
・開催日時:2021年12月4日(土)13:00~17:00
      2021年12月5日(日)10:00~17:00
・開催場所:東京国際フォーラム ホールE 東京都千代田区丸の内3丁目5番1号
・参加費用:無料
・詳細  : https://evbike.tokyo ※Webによる事前申込優先制
・申込方法:ホームページから、必要事項を記入の上、お申し込みください。


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

マシン・オブ・ザ・イヤー2021
マシン・オブ・ザ・イヤー2021

最新の記事

WEBヤングマシン|最新バイク情報