岡崎静夏のホンダ レブル1100DCT試乗インプレ【ただのバイクとはひと味違う、病みつきになる不思議感覚】

岡崎静夏のホンダ レブル1100DCT試乗インプレッション

本格的クルーザーに乗るのはほぼ初体験という岡崎静夏さん。ホンダレブル1100DCTの新鮮な乗り味に「車とバイクのいいとこ取りね!」と大盛り上がり。DCTの賢さにも驚きながらの試乗だった。

●まとめ:ヤングマシン編集部(高橋剛) ●写真:楠堂亜希 ●外部リンク:ホンダモーターサイクルジャパン

岡崎静夏
[写真タップで拡大]

【テスター:岡崎静夏】チャーミングな笑顔でも、中身はスパルタンな”バイクフリーク”。’09~’10年のMFJレディースロードレースで2年連続王者に。全日本はGP-MONOを経て’12年からJ-GP3に参戦中。TwitterFacebookInstagramYouTube

バイクなのにガマン不要! こんな世界があったのね…

正直に言います。レブル1100DCTをお借りした初日は、「ん~?」と思ってしまいました。

クルマみたいに楽なポジション。そして、クラッチ操作のいらないDCT。あまりにも快適すぎて、今まで自分が「こうだ」と思っていたバイク像とかけ離れていたんです。「これは今まで自分が知っていたバイクじゃない。不思議な乗り物だ…」というのが第一印象だったんです。

自分はクルーザーカテゴリーの乗車経験がほとんどなくて、レブルシリーズの末弟にあたるレブル250に乗ったことがあるぐらい。でも1100となるといよいよ”本格的クルーザー”という感じが濃厚になってきて、それが初日の「ん~?」という感想につながったんです。

でも2日目にはすっかり乗り慣れてしまいました(笑)。やっぱり「バイク」と呼ぶにはちょっと抵抗はありますが、「クルーザーって面白い乗り物なんだなぁ」と気付き始めたんです。

ホンダ レブル1100DCT|岡崎静夏|ライディング

[写真タップで拡大]

不思議な感覚であることは、初日から変わりません。自分にとってバイクはフロントタイヤにしっかり荷重をかけて走るものでしたが、レブル1100DCTはそうじゃない。少なくとも自分の体を使って前荷重をかけるポジションではないんです。

それなのに、見た目の大らかさとは裏腹に、スポーティでいかにもバイクらしいライディングが楽しめてしまう。しかもクラッチはない。だけど、自分よりも上手なシフトチェンジをしてくれて、アクセルとリヤタイヤがダイレクトにつながっている。そして、トラクションもしっかり感じる…。

本当に面白い乗り物です。超快適なクルーズコントロールまで装備し、クルマの快適性とバイクの運動性、それぞれのいいとこ取りをしている感じ。今までは意識していませんでしたが、レブル1100DCTに乗ると「バイクって、結構いろんなガマンを強いられるストイックな乗り物だったんだなあ」と分かってしまいます(笑)。

これはヤバイ! 本音を言ってしまえば、いわゆるバイクっぽいバイクとレブル1100DCTの2台持ちができたら文句なしだな、と思いました。マジでヤバイ(笑)

ホンダ レブル1100DCT|岡崎静夏|ライディング

[写真タップで拡大]

「ヤバイ、ヤバイ」と吠えていても始まらないので(笑)、レブル1100DCTのバイクっぽい部分の少しマジメなインプレッションをお届けします。

最初は「堂々とした車格だし、重いのかな」とちょっと身構えますが、走り出してしまえば軽快です。並列2気筒エンジンは十分なパワーとトルクがあって、モタつき感は一切ありません。アクセルを開ければしっかりと加速してくれるし、のんびりしたペースでも落ち着いて走れる。すごくフレキシブルなエンジンですね。

そしてハンドリング! こう言っちゃうと失礼かもしれませんが、意外にもすごくよく曲がるんです。いかにもクルーザーらしくキャスター角が寝ているので、「切れ込んだりするのかな」と思っていましたが、倒し込みから旋回、そして立ち上がりというコーナリングの一連の動作の中で、気になる部分がまったくありません。

自分の体はちっとも前のめりにならず快適なのに、フロントタイヤに豊かな接地感があるのはやっぱり不思議です。でも、これだけニュートラルなハンドリングだと”ライディングをしている”という気分が盛り上がりますよね。ツーリング途中、「あ、ちょっとワインディングにでも寄っちゃおうかな〜」という気持ちにさせてくれます。レブル1100DCTの”とってもバイクっぽい部分”ですね。

ホンダ レブル1100DCT|岡崎静夏|ライディング

【走りの喜びがたっぷり】「スタイル重視と思われがちなクルーザーですが、レブル1100DCTはライディングの喜びがたっぷり。スポーツバイク並みの装備が走りの本気度を物語っています」(岡崎さん) [写真タップで拡大]

そしてDCT! 最初のうちこそ自分でクラッチ操作したくなりますが、1日走って「これは信用できる」と見直しました(笑)。2日目以降は、もう任せっきり。自分だとどうしてもミスの心配があって、それに備えた走りになるんですが、DCTはミスをしません。それだけブレーキングやライン取りに専念できるから、安全性も増すんじゃないかと思います。

何しろラクですよね! レブル1100はさすがに低速からしっかりとトルクが出ているんですが、1速→2速、逆に2速→1速という難しい低速ギヤのシフトチェンジでもDCTはまったくギクシャクしないんです。

これ、自分よりうまい!(笑) スタンダードな6速MTとの価格差は11万円と、お高く感じるかもしれませんが、クルーザーのキャラクターならDCTを選んで間違いないと思います。

走りの喜びをまったく捨てていないどころか、何とかバイクとしての面白さを持たせようとしていることが伝わってくるレブル1100DCT。大人っぽくてカッコいいルックスも、走りの楽しさという中身があってこその話ですからね。

とりあえず、初日に「ん~?」と思ってしまった自分、レブル1100DCTに謝れって感じかな(笑)。

ホンダ レブル1100DCT|岡崎静夏|ライディング

【ハイウェイクルーズが楽しい】「たっぷりトルクを生かしてのんびりクルージングもできるし、俊敏な追い越し加速もOK。横風に強いのもいいですね! そしてクルーズコントロールがとにかくラク! 快適すぎます」(岡崎さん) [写真タップで拡大]

レブル1100DCT:SHIZUKAの評価

  1. スタイリング:ブラックアウトを徹底して、統一感がすごい! スタイリッシュという言葉が本当によく似合うバイクですよね。
  2. スポーツ性:見た目からして「直線だけかな」と思うかもしれませんが、完全に誤解。コーナーも楽しめるスポーティさです。
  3. ツーリング:快適なポジション、扱いやすいエンジン、そしてクルーズコントロール。どこまでも走り続けたくなる1台ですよ。
  4. 街乗り:DCTのおかげで発進停止はとってもイージーだし、乗り心地も足着き性も良好。日常ユースに対応できる懐の深さ。
  5. コストパフォーマンス:価格に見合うだけのハイスペックや乗り心地のよさがあります。11万円プラスなら、DCTモデルが断然オススメ!
ホンダ レブル1100DCT|岡崎静夏|エンジン
ホンダ レブル1100DCT|岡崎静夏|ブラックアウト

【SHIZU’sお気に入りポイント】余裕のあるエンジンと、ギヤチェンジがすっごく上手なDCTの組み合わせは、もはや最強(笑)。フロントフォークのインナーチューブがネイビーだったりと、ブラックアウトの徹底ぶりも好き。 [写真タップで拡大]


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

マシン・オブ・ザ・イヤー2021
マシン・オブ・ザ・イヤー2021

最新の記事

ホンダ レブル1100の価格情報新車・中古バイク検索サイト ウェビック バイク選び

ホンダ レブル1100

ホンダ レブル1100

※ 価格は全国平均値(税込)です。

新車 16価格種別 中古車 3

本体

115.5万円

価格帯 110~121万円

本体価格

本体

153.53万円

価格帯 149~162万円

諸費用

5.04万円

価格帯 ―万円

諸費用

諸費用

7.84万円

価格帯 7.22~9.37万円

乗り出し価格

120.54万円

価格帯 110~129.14万円

乗り出し価格

乗り出し価格

161.37万円

価格帯 156.22~171.37万円

Webike バイク選びで 新車・中古車を探す
WEBヤングマシン|最新バイク情報