ホンダ レブル1100 DCT ディテール写真解説【タフで力強いスタイリングに扱いやすさをプラス】

ホンダ レブル1100DCT|スタイリング

’17年にグローバル展開され、一躍世界的人気モデルとなったレブル250/300(海外仕様)/500。熱い支持を受け’20年に発表されたのがレブル1100だ。1082cc並列2気筒エンジンを搭載した本格的クルーザーでありながら、通勤/通学といった日常的なストリートユースもこなす。レブルシリーズ初のDCTモデルもラインナップした。日本では’21年3月に発売された。

●まとめ:高橋 剛 ●写真:楠堂亜希 ●外部リンク:ホンダモーターサイクルジャパン

スタイリング&カラーバリエーション

ホンダ レブル1100DCT|スタイリング

【HONDA REBEL 1100 DCT】■全長2240 全幅830 全高1115 軸距1520 シート高700(各mm) 車重233kg ■水冷4スト並列2気筒OHC4バルブ1082cc 最高出力87ps/7000rpm 最大トルク10.0kg-m/4750rpm 電子式6段変速(DCT) 燃料タンク容量13L ■タイヤサイズF=130/70B18M/C R=180/65B16M/C ●価格:121万円(6MTモデル110万円) ●色:ガンメタルブラックメタリック ボルドーレッドメタリック [写真タップで拡大]

ホンダ レブル1100DCT|スタイリング

アメリカのデザインスタジオで生まれたレブル1100。人が乗車した状態でのバランスを重視して、人馬一体感のあるプロポーションに。各部はブラックアウトを徹底。 [写真タップで拡大]

ホンダ レブル1100DCT|ガンメタルブラックメタリック
ホンダ レブル1100DCT|ボルドーレッドメタリック

【カラーバリエーション】ガンメタルブラックメタリック[左]とボルドーレッドメタリック[右]の2色展開。 [写真タップで拡大]

ライディングポジション&取り回し

ホンダ レブル1100DCT|ライディングポジション|足着き

【ライディングポジション】身長158cmでもハンドル位置はさほど遠く感じない。やや広めでフルロック時は外側の手が伸び切るが、足着き性がいいので心配無用だ。 [写真タップで拡大]

ホンダ レブル1100DCT|取り回し
[写真タップで拡大]

【取り回し】バイクを降りて押し引きするとさすがに重さを感じるが、女性でも扱える範疇だ。

パワーユニット

ホンダ レブル1100DCT|エンジン

【キャラクターに合わせて各部を最適設計】アフリカツインのエンジンがベース。低回転域のパルス感と、アクセルを開けた時の気持ちよい吹け上がりを両立させるため、各部に専用チューニングを施している。エアクリーナー/エキゾーストパイプ/マフラーは新たに設計されている。 [写真タップで拡大]

ホンダ レブル1100DCT|エンジン|Dual Clutch Transmission
ホンダ レブル1100DCT|エンジン|Dual Clutch Transmission

[写真タップで拡大]

ホンダ レブル1100DCT|クルーズコントロール
[写真タップで拡大]

【エンジンwith DCT】力強くて頼もしいエンジンは、扱いやすさも備えた特性。大排気量ツインエンジンにありがちな気難しさは皆無で、DCTモデルだとさらに懐が深い。シフトペダルやクラッチがないことが不思議なぐらいスポーティだが、とてもイージーだ。クルーズコントロールも超快適で手放せなくなりそうな装備。

ホンダ レブル1100DCT|エンジン|マフラー

【回転域に応じて音色を変えるマフラー】大排気量2気筒エンジンらしい重厚で上質なパルス感を楽しめるよう、排気系をチューニング。低回転域では低周波なパルスサウンドに包まれ、中高回転域では弾けるような力強さを響かせるなど、走りの状況に応じ排気音が表情を変える。 [写真タップで拡大]

シャーシ/足まわり

ホンダ レブル1100DCT|シャーシ

【骨太な骨格がタフで力強いイメージを醸成】レブルシリーズ共通のスタイリングを踏襲しながらも、1100にふさわしい重厚感を持たせている。ヘッドパイプから後輪を結ぶ一直線のラインを基調に、メインパイプはφ35mm、スイングアームは極太φ50.8mmとして、骨太な力強さを表現する。 [写真タップで拡大]

ホンダ レブル1100DCT|ディメンション

【ルックス/使い勝手/走りのすべてを満たすディメンション】伸びやかなプロポーションを形作る1520mmのロングホイールベース、幅広いライダーが安心して乗れる700mmの低いシート高、そしてクルーザーとしては深めの35度のバンク角をバランスさせている。 [写真タップで拡大]

ホンダ レブル1100DCT|サスペンション|フロントフォーク
ホンダ レブル1100DCT|サスペンション|フロントフォーク

【フロントサスペンション】正立式フロントフォークはインナーチューブ径φ43mm。ネイビーカラーの酸化チタンコートがオシャレだ。ボトムケースはアルミ展伸材とアルミ鋳造の2ピース構造で、スポーツバイクのような力強さを発揮する。ダンパーは高い路面追従性を発揮するカートリッジ式。プリロードアジャスターによってセッティングできる。 [写真タップで拡大]

ホンダ レブル1100DCT|リヤサスペンション
ホンダ レブル1100DCT|リヤサスペンション|アジャスター

【リヤサスペンション】ロッド径φ12.5mmのリヤサスペンションは分離加圧式ピギーバックタイプ。プリロードアジャスターは新構造で、最適調整が可能だ。 [写真タップで拡大]

ホンダ レブル1100DCT|ブレーキ
ホンダ レブル1100DCT|ブレーキ

【安心のブレーキ】フロントブレーキキャリパーはモノブロックラジアルマウントを採用し、まさにスポーツバイク。リヤディスクもφ256mmの大きさだ。 [写真タップで拡大]

ホンダ レブル1100DCT|ホイール
[写真タップで拡大]

【ホイール】スポーティーなY字5本ホイール。

主要装備

ホンダ レブル1100DCT|LEDヘッドライト
[写真タップで拡大]

【LEDヘッドライト】Φ175mmの小径LEDヘッドライトが独特な表情を見せるヘッドライト。両側の導光部も特徴的だ。

ホンダ レブル1100DCT|メーター
[写真タップで拡大]

【メーター】車体デザインを損なわないコンパクトなメーターですが、フルデジタルで情報量は豊富です。

ホンダ レブル1100DCT|グリップヒーター
[写真タップで拡大]

【グリップヒーター】なんとグリップヒーターを標準で装備。ウインターライドには欠かせない快適装備だ。

ホンダ レブル1100DCT|フロントフェンダー
ホンダ レブル1100DCT|リヤフェンダー

【スチールフェンダー】フェンダーは前後ともにスチール製。 [写真タップで拡大]

ホンダ レブル1100DCT|タンク
[写真タップで拡大]

【タンク】さりげないツートーンカラーのタンク。

ホンダ レブル1100DCT|キーシリンダー
[写真タップで拡大]

【キーシリンダー】エンジン始動を儀式として楽しめるように車体左側に配されたキーシリンダー。

ホンダ レブル1100DCT|シート
[写真タップで拡大]

【シート】サドルタイプがカッコいいシートは、クッションの厚みたっぷり。ホールド性も良好だ。

ホンダ レブル1100DCT|シート下スペース

【シート下スペース】キー操作で簡単にオープンできるシート下には、約3Lのスペースがある。ETCも標準装備する。 [写真タップで拡大]

ホンダ レブル1100DCT|シート下|USBソケット

【USBソケット】シート下にはUSB-Cのソケットが装備されている。スマホの充電などに便利に使える。 [写真タップで拡大]

ホンダ レブル1100DCT|LEDテールランプ|ウインカー
[写真タップで拡大]

【LEDテールランプ】シンプルなオーバル形状の薄型LEDテールランプがリヤをスマートに演出。ウインカーも小型。

豊富な純正オプション

よりスタイリッシュにするものから機能性を高めるものまで、純正オプションのラインナップは豊富。ファクトリーカスタムらしく、スタンダードのよさを損なうことなく魅力を引き上げている。純正ならではの安心感も見逃せない(写真は純正オプションの一部)。

ホンダ レブル1100DCT|ヘッドライトカウル

ヘッドライトカウル ●価格:1万1000円 [写真タップで拡大]

ホンダ レブル1100DCT|スクリーンカウル

スクリーンカウル ●価格:2万4200円 [写真タップで拡大]

ホンダ レブル1100DCT|ショートフロントフェンダー

ショートフロントフェンダー ●価格:1万8700円 [写真タップで拡大]

ホンダ レブル1100DCT|スペシャルメインシート(茶)

スペシャルメインシート(茶) ●価格:1万4300円 [写真タップで拡大]

ホンダ レブル1100DCT|サドルバッグ(右側)
[写真タップで拡大]

サドルバッグ(右側) ●価格:1万7600円


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|最新バイク情報