クシタニ エアーライドワークボトムス試用インプレッション【ムラなく涼しいスマートなパンツ】

クシタニのメッシュパンツ「エアーライドワークボトムス」を試してみた。太ももの両サイドに大型ポケットを持つカーゴパンツ風のデザインで、股関節部分にストレッチ素材を使うなどレーシングスーツのノウハウも導入。スラブ調エンボスのメッシュ生地が他とは一線を画している。

●まとめ:ヤングマシン編集部(大屋雄一) ●写真:真弓悟史 ●外部リンク:クシタニ

[◯] スリムなシルエットと高い通気性がポイント

膝にCEプロテクター、ウエストにウレタンパッドを標準装備したこのエアーライドワークボトムス。見た目に違わぬスリムなフィット感だが、ウエストや内股にストレッチ素材が使われているので、必要十分な運動性は確保されている。プロテクターが装入されている膝付近も窮屈さはほとんどなく、立体裁断の優秀さは長年レーシングスーツを手掛けてきたクシタニならではだろう。

クシタニ|ライディングパンツ|K-2373 エアーライドワークボトムス
[写真タップで拡大]

【クシタニ エアーライドワークボトムスK-2373】透湿防水生地を使用したライドワークボトムスのメッシュバージョンで、強度が求められる部分にはカモフラ柄のジャガード生地を組み合わせている。シートと接する股部分にはグリップ力の高いフッ素加工牛革を用いるなど工夫が満載だ。●色:黒 ●サイズ:M L LL XL L/3W ●価格:3万3000円

実際に走ってみると、通気性の高さに感心する。強度が必要な部分にはジャガード生地が使われているとはいえ、その面積をできるだけ少なくすることで通気性を確保したいという思いが伝わるようだ。特に気に入ったのはウエストまわりで、他よりも熱がこもりやすいこの部分のみ立体メッシュが使われている。

シートと接する股部分には、牛革のパッチが貼られている。テキスタイル系のパンツは皮革製品よりも滑りやすいのが難点だが、このパッチがあるだけでそれがだいぶ軽減されるのだ。ウエストのパッドは存在感がやや大きめだが、位置を微調整すれば気にならなくなるし、それがしやすいようにベルクロ固定なのもうれしい配慮だ。収納力も及第点以上であり、実に優秀な夏パンツだ。

クシタニ|ライディングパンツ|K-2373 エアーライドワークボトムス|ウエスト

熱のこもりやすいウエスト後部には他とは異なる肉厚の立体メッシュを採用する。型押しロゴの入ったパッチは洗濯にも耐える合皮で、全体の質感を高める。 [写真タップで拡大]

クシタニ|ライディングパンツ|K-2373 エアーライドワークボトムス|ウエスト

ウエストの両サイドにはストレッチ生地が使われており、腰回りのフィット感を高める。ポケットは全部で4か所に設けられており、収納力は十分以上。 [写真タップで拡大]

クシタニ|ライディングパンツ|K-2373 エアーライドワークボトムス|ウエスト|プロテクター
クシタニ|ライディングパンツ|K-2373 エアーライドワークボトムス|ウエスト|プロテクター

【腰の両サイドに脱着式ウレタンパッド】アクシデント時にヒットしやすい腰の両サイドには脱着式のウレタンパッドを標準装備。上部のベルクロ1か所のみでの固定なので位置の微調整が容易だ。 [写真タップで拡大]

クシタニ|ライディングパンツ|K-2373 エアーライドワークボトムス|膝|プロテクター

CEレベル1のクシタニオリジナルエアープロテクターを標準装備する。これを装入した状態でもシルエットが美しく見えるのは、さすが老舗ブランドだ。 [写真タップで拡大]

クシタニ|ライディングパンツ|K-2373 エアーライドワークボトムス|アジャスター
[写真タップで拡大]

【膝の調整タブでアジャスト可能】膝にはベルクロアジャスターがあり、プロテクターのフィット感を調整することができる。裾はファスナーを上げるとマチが広がりブーツアウトに対応する。

[△] リフレクターはない

バイク用アパレルの定番装備であるリフレクターはなし。普段着風に見せるために割り切ったのかも。

[こんな人におすすめ] 質感に優れた涼しいパンツを望んでいる人に

メッシュ生地は一般アパレルで使われることがほとんどなく、街中では浮いた存在になりがち。それを近年、エンボス加工で独自の風合いを構築してきたのがクシタニだ。涼しいだけでなく高級感のある夏パンツが欲しい人にぜひ。


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|最新バイク情報