カラーオーダーで自分だけのバイク用ブーツをカスタム〈ワイルドウイング〉

シフトチェンジにリヤブレーキの操作、そして停止時には車体を支えるために地面に着く。ライダーの”足”は、実にたくさんの仕事をこなす。そこで持っておきたいのが、操作性やプロテクションに優れたバイク用のブーツ。カラーオーダーが始まった「ワイルドウイング」なら、機能もルックスも隙のない1足が手に入る。

●文:伊藤康司 ●外部リンク:ウイングローブ

元全日本ライダーが開発する、バイク乗りのためのブーツ

「ワイルドウイング」は、比較的若いバイク用ブーツのブランドだ。しかし、代表であり開発者でもある藤林勝士氏は、地方戦で4度のチャンピオン経験を持ち全日本ロードレースにも参戦していた生粋のライダーだ。引退後にシューズ業界に転身し、「バイクとのシンクロ率が高まるシューズを多くのライダーに届けたい」という思いからブランドを立ち上げたのだ。

フィット感を高めるために日本人専用の専用木型を開発したり、レーシングスーツと同様に引き裂き強度や耐摩耗性に優れた牛革にこだわる。またソールや中底にもプロライダーの視点が活きている。

ワイルドウイングのブーツは、通常のブーツやシューズとは異なり、ヒールの前部が”斜めカット”されている。これはステップに足を乗せてヒールを添わせた際に、きちんと足がまっすぐ前を向いて、シフトやブレーキペダルを操作しやすくするための形状だ。また、足着き性を向上するために用意された”厚底仕様”も、操作性や屈曲をとことん追求する。

そんなワイルドウイングが、新たにカラーオーダーを開始した。革色はもちろんステッチや紐のカラーも選べ、好みの1足が作れる。個性を大切にするライダーにおススメだ。

ワイルドウイング|ブーツ|カラーオーダー画面

[写真タップで拡大]

ワイルドウイング|ブーツ|カラーオーダー画面

【カラーを組み合わせて楽しめる】ワイルドウイングWEBサイト→商品一覧→【特注製作】カラーオーダーページにて、ブーツの種類(ファルコン/スワロー/イーグル)を選んでクリックすると、上のようなオーダー画面が表れる。ベース部と筒部(それぞれブラック/クレイジーブラウン/ダークブラウン/ワインレッドの4色)、ステッチ(白/黒/ベージュ/茶/青/赤/緑/橙)と紐(黒/茶/赤/青/緑/白/橙 ※イーグルは除く)、および靴底の厚さ(ノーマル/25mm/35mm/50mm)を選ぶと、ブーツのシミュレーション画像とプライスが表示される。試すと絶対欲しくなる!? ■【特注製作】カラーオーダー [写真タップで拡大]

ワイルドウイング|ブーツ|スワローWWM-0003|カラーオーダー

【カラーオーダー例:スワローWWM-0003】●カラーオーダー+厚底35mm ●価格:4万1140円 [写真タップで拡大]

ワイルドウイング|ブーツ|ファルコンWWM-0001|カラーオーダー

【カラーオーダー例:ファルコンWWM-0001】●カラーオーダー+厚底25mm ●価格:3万1350円 [写真タップで拡大]

とことん”バイク用”にこだわった作り

ワイルドウイング|ブーツ|木型
[写真タップで拡大]

日本人特有の”甲高幅広”な足の形に合わせた専用木型を開発。バイク用のシューズやブーツはヨーロッパ規格が多いため窮屈に感じる場合もあるが、ワイルドウイングなら問題ナシ!

ワイルドウイング|ブーツ|ヒール
ワイルドウイング|ブーツ|ヒール

ステップに足を載せてヒールを添わせたとき、シフトペダルは操作しやすい位置にあるだろうか。ワイルドウイングなら、左写真のようにサイズが異なる場合でも、必ず適切な配置になる。それは各サイズごとに専用金型を作製し、ミリ単位でヒール形状を調整しているからだ。他にも中底など目に見えない部分にも、多くの工夫とこだわりがある。 [写真タップで拡大]

ワイルドウイング|ブーツ|鉄芯入り中底
[写真タップで拡大]

ソールと中敷きの間には、シャンク(鉄芯)の入った中底を装備。ステップに載せた足が安定し、踏ん張りが効くので疲労も軽減する。バイクを降りて歩くのもラクだ。


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|最新バイク情報