TRIUMPH STREET TWIN×ライドハイ

大型バイクの楽しさをダイレクトに伝えてくれる【トライアンフ ストリートツイン インプレ】

●文:ライドハイ編集部(正田啓人) ●写真:長谷川徹

1959年からのボンネビルの血統を受け継ぐモダンクラシック

初代ボンネビルが登場したのは1959年のこと。ブリティッシュツインの代名詞ともいえるボンネビルシリーズの歴史はここから始まった。

ボンネビルという名前の由来は、アメリカ・ユタ州にあるボンネビル・ソルトフラッツという塩湖が干上がった平原の名前から来ている。ここでは毎年8月にボンネビル・スピードウエイというイベントが開催され、地上最速を競うスピードウィークが行われている。

トライアンフは、1955年にこのイベントで、チューンされた650ccサンダーバードエンジンを搭載したストリームライナーで約310km/hの記録を樹立している。

そんなボンネビルシリーズのストリートツインは、900ccエンジンを搭載し最高出力60ps/7500rpm、最大トルク80Nm/3800rpmというスペックで、日常で使われる回転域を意識してビギナーでも乗りやすい大型バイクに仕上げられている。


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|最新バイク情報