ライドナレッジ|ライドハイ

【Q&A】カワサキはいつからライムグリーンなの?

カワサキ=ライムグリーン”。市販車でもレースでももはやバイクファンなら常識(?)といえるほどイメージが強いが、そもそもなんでライムグリーンなのだろう?

●文:ライドハイ(伊藤康司) ●写真:カワサキ

初めてのライムグリーンは1969年

爽やかな印象のグリーンだが、欧米でライムグリーンは“不吉”“不気味”な色とされる部分もあり、必ずしも良いイメージではない。欧米の映画やドラマでグリーンのモンスターや悪魔を見たことがあるはずだ。

カワサキが初めてライムグリーンを纏ったのは、1969年にアメリカで開催されたデイトナ200マイルレースに参戦した、ファクトリーマシンのA7RS(2ストローク2気筒338cc)とA1RAS(2ストローク2気筒247cc)。前年の1968年からライムグリーンの塗料を開発して用意しており、1969年デイトナ200マイルではライダーのレザースーツからメカニックの布ツナギまでがライムグリーンに統一された。

しかし、そもそもは赤系のカラーが多かったカワサキは――。


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|最新バイク情報