目指せOVER60ps!

4気筒400cc! ZX-25R派生の「ニンジャZX-4R」計画始動か?!〈YM未来予想〉

カワサキ ニンジャZX-4R(イメージCG)

●CG:白圡学

’20年に新設計の250cc4気筒・ニンジャZX-25Rを発売して、世間を大いに賑わせたカワサキ。企画開発能力の高さで勝負する同社の次なる一手は何なのか? 「RS」シリーズ化を予想した前記事に続き、本記事では400cc直4「ニンジャZX-4R」誕生の可能性について考察する。

ZX-25Rバリエーション展開:ネイキッド版と並び400cc版にも注目

’20年のヒット作と言えば、クラス唯一の直4エンジンを引っさげたカワサキ ニンジャZX-25R。その余波を借りた400cc版ZX-4Rの予想に対し、我々ヤングマシンはこれまで可能性は低いだろうと考えていたのだが、どうやらそうとも言い切れない状況も…。

そう思わせるのが、「ZX-6Rのユーロ5モデルが開発中」という情報。636ccの現行ZX-6Rは、’19のモデルチェンジ後はカラー変更のみでユーロ4準拠のままだ。もっともこれだけでは400につながる話ではないのだが、気になるのは旧型6Rを使っていた599ccのレースベース車が’21限りで終了と正式に表明されている点。ユーロ5対応なら636cc版だけで済むはずで、そこには排気量設定を含めた変更もあるのではと考えられるのだ。つまり、599cc版のついでに派生車戦略で400cc版も? というのだが…。

とはいえ、6Rベースの400となると価格的に大きな差はつかないだろうし、結局は性能が見劣りしてしまうと考えられる。それなら、25Rベースとした方が当然パフォーマンスは25Rより高くなって魅力的。価格も6Rベースほどは高くならない。「25Rの派生車は存在する」という証言もあり、それはネイキッド版だと我々は考えていたが、もしかすると25Rの400化計画が始動したのかもしれない。400が出るなら25R案の方が現実的だ!!

ZXR時代は400もあった

'89 カワサキZXR400/250

【’89 KAWASAKI ZXR400/250】20世紀レプリカ時代のZXRには、250や400にも4気筒エンジンが採用されていた。当時の400は自主規制で59&53ps。規制撤廃の現代なら60psオーバーも夢ではない! [写真タップで拡大]

'99 カワサキZXR400R

【’99 KAWASAKI ZXR400R】400レプリカでは最後発だったZXR400だが、そのぶん中身はクラス最強。プロダクションレースも勝ちまくり、ライバルが生産終了で消えていくなか最後まで生き残った。 [写真タップで拡大]

YM未来予想=ニンジャZX-4R:規制撤廃の今なら60psオーバーも目指せる!

ZX-25Rの排気量を拡大して400cc化。クラスを超えた25Rの車体や装備は、400cc帯でもトップレベルで通用するクオリティだ。これで天下が獲れる!?

カワサキ ニンジャZX-4R(イメージCG)

【KAWASAKI Ninja ZX-4R|IMAGE CG】 [写真タップで拡大]

カワサキ ニンジャZX-25R

[写真タップで拡大]

【ベースモデルは直4ニーゴーのZX-25R】’20モデルで最大の目玉となった250クラス唯一の直4エンジン搭載スーパースポーツ。トラコンや上下対応クイックシフターといった電子制御や、倒立フォーク&ラジアルマウントキャリパーといった豪華装備も自慢だ。
主要諸元■水冷4スト並列4気筒DOHC4バルブ 249cc 45ps/15500rpm 2.1kg-m/13000rpm ■184kg シート高785mm 15L ■タイヤF=110/70R17 R=150/60R17 ●価格:82万5000円/91万3000円

カワサキ ニンジャZX-25R|フロントシングルディスクブレーキ
[写真タップで拡大]

【ダブルディスク用のボスあり】ZX-25Rのフロントブレーキはシングルだが、逆側のホイールハブにはダブルディスクを前提としたような謎のボスが存在。400版で使う予定なのか?


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

マシン・オブ・ザ・イヤー2021
マシン・オブ・ザ・イヤー2021

最新の記事

WEBヤングマシン|最新バイク情報