4気筒250cc案も聞こえてきた?!

YM未来予想:カワサキ”RS”シリーズ化の可能性を探る【Z250RS:ZX-25Rをネイキッド化?】

YM未来予想:カワサキ"RS"シリーズ化の可能性を探る

’20年に新設計の250cc4気筒・ニンジャZX-25Rを発売して、世間を大いに賑わせたカワサキ。企画開発能力の高さで勝負する同社の次なる一手は何なのか? われわれヤングマシンは、大ヒットしたZ900RSの後を受けて「RS」をシリーズ化することに思いを馳せた。ZX-25Rをネイキッド化した「Z250RS」をはじめ、そのバリエーション展開を予想する。

●CG:白圡学

シリーズ展開強化のカワサキ。弟RSは2気筒か4気筒か!?

’20年に完全新設計の250cc4気筒を引っ下げたニンジャZX-25Rを送り出し、企画開発能力の強さを世に知らしめしたカワサキ。この後に続くのは、どんなニューモデルか? 400cc4気筒もあるのか? そんな期待を抱いている人もいることだろう。

そんなカワサキは現在、大胆な戦略を構想中だという。2輪部門(モーターサイクル&エンジンカンパニー)が川崎重工から分社化されることが決まったが、昨今の2輪をとりまく急激な環境変化に対応するため、まずは魅力的なバリエーションモデルの拡充に注力。そして’20年代中盤以降から、未来を見据えた次世代モデルを続々と投入して攻勢をかけるというのだ。

となると、その間に可能性のあるバリエーションモデルとして真っ先に思い浮かぶのは、大ヒットしたZ900RSの後を受けたRSのシリーズ化。なにしろカワサキは、ストリートファイターのZ900をまったく趣きの違うZ900RSへと見事に仕立てた実績を持つ。次作として可能性が高いのは世界的な市場があるミドルの650版だろうが、それが現実となれば400も同手法でネオレトロ化できるだろう。

さらに気になるのが、ZX-25Rを使った派生モデル。何かしらのプランがあるのは確実なようで、おそらくネイキッド版に間違いないだろう。カウルレスで露出したエンジンは、クラス唯一の直4というカワサキ技術力の高さをこれまで以上に認知させることができ、ブランド力強化にもピッタリだ。そこでヤングマシンが予想するのは、ズバリZ900RSの弟版となる「Z250RS」だ!

YM未来予想その1=Z250RS:唯一の250cc4気筒ネイキッド誕生か?!

RS化するなら、ニンジャシリーズのように意匠を統一するのが現代の鉄則。兄貴分900に忠実なフォルムは外せない。エンジンは4気筒なのでもうバッチリだ。

YM未来予想 カワサキZ250RS イメージCG

【KAWASAKI Z250RS|IMAGE CG】 [写真タップで拡大]

カワサキ ニンジャZX-25R

[写真タップで拡大]

【ベースモデルは新生250cc4気筒のZX-25Rエンジンから車体まで完全新設計で生まれたニンジャZX-25R。特にその直4エンジンは開発コストも膨大だったはずで、採用するのが25Rの1台のみではヒットしたとは言えずコストを回収するのも大変。そのためコンポーネントを共有する兄弟モデルの展開は、現代ではどのメーカーにしても当然の流れだし、それが25Rの兄弟モデルとくれば話題作りとしては申し分ない。ネイキッド版が登場するとすれば、現行Z250のようなストリートファイター系とするのがフレーム改修の手間も少なく現実的か。だがもう少し頑張ってZ250RSを作り出せば、さらなる大ヒットも狙えるのでは?
主要諸元■水冷4スト並列4気筒DOHC4バルブ249cc 45ps/15500rpm 2.1kg-m/13000rpm ■184kg(SE) シート高785mm 15L ■タイヤF=110/70R17 R=150/60R17 ●価格:82万5000円/91万3000円

カワサキ ニンジャZX-25R

【ネイキッドもOKな美4気筒】クラス唯一の直4はメカメカしい雰囲気で他の追随を許さない。25Rではカウルの下に隠されていたが、ネイキッドでこそ映えるかも。 [写真タップで拡大]

カワサキ ニンジャZX-25R

【超高回転が身近に】1万8000rpmまで回る超高回転が25Rの大きな魅力。ネイキッド化でこの”回す楽しみ”をより身近に味わうことが可能となる。 [写真タップで拡大]

カワサキ ニンジャZX-25R

【1クラス上の脚まわり】今やネイキッドでも倒立フォークは当たり前の時代。その点は25R譲りで心配なし。ラジアルマウントキャリパーまで付いている。 [写真タップで拡大]

カワサキ ニンジャZX-25R

【上下対応クイックシフター】25RのSEに標準装備のクイックシフターは、ネイキッドでも街中やツーリングでの大きな便利装備として活躍。上下対応でラクチンだ。 [写真タップで拡大]

カワサキ ニンジャZX-25R
[写真タップで拡大]

【電子デバイスも万全】ZX-25Rが持つトラクションコントロールやクイックシフターといった先進の電子デバイスは、クラス最強ネイキッドとして君臨する際に大きな強みとなろう。

YM未来予想その2=Z650RS:2気筒の現代版ザッパー

次なるRSシリーズとして海外でも噂になっている最有力候補が、現行Z650をベースとした「Z650RS」だ。なにしろこの排気量には’70年代に”ザッパー”の愛称で名を馳せた旧Z650が存在。同じ車名を受け継ぐならそのスタイルも受け継いでもらいたいと願ってるファンも多いだろう。エンジンは2気筒になってしまうが、ベース車両価格からして100万円切りの価格帯に投入されるなら大いに魅力的だ。

YM未来予想 カワサキZ650RS イメージCG

【KAWASAKI Z650RS|IMAGE CG】 [写真タップで拡大]

カワサキZ650
[写真タップで拡大]

【ベースモデルは良コスパ2気筒のZ650】車体およびエンジンの基本構成はフルカウルのNinja650と共通。スマホ連動といった最新機能の搭載も魅力だ。■水冷4スト並列2気筒DOHC4バルブ 649cc68ps/8000rpm 6.4kg-m/6700rpm 189kg ●価格:84万7000円

YM未来予想その3=Z400RS:快速400ベースの現代版ゼファー

Z900RSは最近、ゼファーシリーズのイメージを汲んだカラーリング展開も開始。そこで思い出すのが、ネイキッドブームで全盛を誇ったゼファー400だ。その再来として、Z400をベースとした「Z400RS」でこのクラスに喝入れを。250クラスの軽量車体と余裕ある排気量の組み合わせは、旧ゼファーよりも普段使いからツーリングまで気楽に楽しめる。ただ、この400版の可能性は現状でもっとも少ないかも。

YM未来予想 カワサキZ400RS イメージCG

【KAWASAKI Z400RS|IMAGE CG】 [写真タップで拡大]

カワサキZ400
[写真タップで拡大]

【ベースモデルは万能400ccのZ400】2気筒ニンジャ400&250と共通設計のスポーツネイキッド。そのスタイルはZ H2などと統一した最新Zイメージでまとめられている。■水冷4スト並列2気筒DOHC4バルブ398cc 48ps/10000rpm 3.9kg-m/8000rpm 166kg ●68万2000円


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|最新バイク情報