カウントダウン・日めくりカスタム

GB350発表まで待てない! 先走りカスタム提案⑤「’70年代のツーリングバイク風」

●文:ヤングマシン編集部 ●CG:白圡 学

シンプル&プレーンなスタイルのホンダ「GB350」は間違いなくカスタムが映える! というわけで、ヤングマシンが得意の先走りCGで早くもカスタム提案をしてしまおうというこの企画。3月末の正式発表に向けて平日に毎日更新、日めくり方式でイメージCGを大放出するぞ!

●車種別アーカイブ:ホンダ GB350先走りGB350カスタム

定番のビキニカウルとパニアをオールドスクールで

トコトコ走りが得意そうなGB350だけに、ツーリング需要も高いはず! というわけで、旅をもっと便利にすべくツアラーカスタムを施してみた。

カウル……というよりも風防と呼びたくなるオールドスタイルのビキニカウルと、荷物を入れられるパニアケースを装着すると、個性的なツアラーを造ったつもりが、アメリカの白バイっぽく見えなくもないスタイリングに。どこへでも行けて、気負わずに現地の人たちと交流もしやすそうな、押し出し感弱めな馴染みやすさがポイントだ。

GB350のモノトーンもいいが、インド仕様ハイネスCB350のツートーンカラーや赤いエンブレムも似合いそう。

定番改をオールドスクールで。’70年代風のビキニカウルで個性的なツアラー仕様とした。カウルマウントのミラーやヘビーデューティなフォークブーツなどもポイント。 [写真タップで拡大]

2019年6月に開催されたホンダ「CBと駆け抜けた時代」展にレンジされた、CB750Fourのワイルド7仕様。今回のツアラー仕様とイメージが似ていなくもない。こんなカスタムも似合いそう! [写真タップで拡大]

左はドリームCB500Pという白バイ仕様(1972年)で、右はベンリィCB175 K4FVという消防仕様(1970年)。緊急サイレンはともかく、積載のための装備やエンジンガードは参考になりそうだ。 [写真タップで拡大]

HONDA GB350[2021 model]

ホンダ「GB350」は、インドで絶大な人気を誇るロイヤルエンフィールド350の対抗機種として、ホンダが2020年秋に発売した「ハイネスCB350」をベースに日本仕様としたもの。本誌予想価格は55万円で、3月末の正式発表が予告されている。

【参考】こちらはノーマル状態のGB350。比較用にどうぞ。 [写真タップで拡大]

【参考:HONDA H’ness CB350[2021 India model]】主要諸元■全長2163 全幅800 全高1107 軸距1441 最低地上高166 シート高800(各mm) 車重181kg(装備)■空冷4ストローク単気筒SOHC 348.36cc ボア×ストローク70mm×90.5mm 圧縮比9.5 21ps/5500rpm 3.06kg-m/3000rpm 変速機5段 燃料タンク容量15L■キャスター27°05′/トレール120mm ブレーキF=φ310mmディスク+2ポットキャリパー R=φ240mmディスク+1ポットキャリパー タイヤサイズF=100/90-19 R=130/70-18 ※諸元はインド仕様

↓カスタムが掲載されている冊子はコチラ


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|最新バイク情報