ティーザー映像で魅せる!

新型ハヤブサ見参!! LED顔に電子制御も満載で間もなく登場、2月5日を待て!

スズキはYoutubeのグローバルチャンネルで「オールニューモデル、間もなく登場」とするティーザー映像を公開した。そこに映し出されたマシンは、どう見ても新型ハヤブサだ。MotoGPタイトル獲得で創業100周年と世界グランプリ参戦60周年を祝い、明くる年にハヤブサ発表とは……やってくれるぜスズキ

車両別アーカイブ:スズキ ハヤブサ

照準はスズキモーターサイクルグローバルサロン(SMGC)開幕、2021年2月5日の16時か

スズキがYoutubeで公開した、わずか25秒のティーザー映像は、バンク付きのオーバルコースで収録されたもの。我々にも馴染みのあるJARI高速周回路にも似た、だだっ広いエリアを駆け抜ける車影は、スーパースポーツのGSX-R1000Rよりも明らかにひと回り大きく、どこか見覚えのあるストリームラインを描いている。

これはもう、誰がどう見たって新型ハヤブサでしょう!

最初に映し出されたのは後ろ姿。テールカウルが下がったハヤブサらしいシルエットに、横長のテールランプが光る。左右2本出しマフラーは現行(北米)モデルよりもエッジの立ったフィニッシュのように見え、ハヤブサらしいスタイリングを保ちながらもシャープなデザインとされていることが想像できる。

少しブレているが、横長のテールランプとシャープな造形のマフラー、独特の垂れ下がった形状のシートカウルなどが判別できる。 [写真タップで拡大]

次いで、真横を通り過ぎる姿がアウトフォーカスで捉えられているが、数コマを剛性してみるとアッパーカウルはやはり大きく、スクリーンは現行モデルよりもやや立った造形に見える。ミラーは小ぶりで、ウインカーを内蔵しているようにも思えるがハッキリとは判別できない。

スクリーンのバブル形状は従来型よりも立体的? [写真タップで拡大]

続いて正面の映像。縦目のヘッドライトと全体のボリューム感はまさしくハヤブサで、ライトユニットの左右に設けられたラムエアダクトにはDRL(デイタイムランニングライト)が光っている。ヘッドライトと色温度の差がないことから、全灯LEDで間違いないだろう。このアングルでもマフラーのシャープなデザインが見て取れる。

この顔は! ハヤブサの味だぜ……。 [写真タップで拡大]

そしてお待ちかねのメーターだ。1999年に登場した初期型から継承する4連アナログメーターの中央にはフルカラー液晶パネルが追加されている。アナログ表示されるのは、左から燃料残量計、タコメーター、スピードメーター、水温系。中央の液晶パネルには時計と気温、おそらく左右バンク角、ギヤ段数表示、パワーモード、トラコン、リフトコントロール、クイックシフターといった電子制御項目が表示されている。

SDMS(スズキドライブモードセレクター)はAとなっており、これはフルパワーモードを意味している(ハズ)。メインキーは従来と同様の形状に見え、その陰に隠れている丸いマークはクルーズコントロールだろうか。

5連メーターにアップデートされている。SDMSとパワーモードが別々に表示されているということは、SDMSがライディングモードの統合制御的なものに進化した可能性もある。 [写真タップで拡大]

こちらは1999年の登場時にアウトバーンで最高速アタックを敢行した時のもの。新型のメーターも最高速付近を示しているが、22年後のモデルにも同じ雰囲気が継承されている。 [写真タップで拡大]

最後にPerfectly Poised」と文字が表示され、もう一度俯瞰気味に正面の映像を経て「2月5日公開」とのメッセージで締めくくられている。

スズキはスズキモーターサイクルグローバルサロン(SMGC)という、アプリを介して参加できるデジタルコミュニケーションサロンを2021年2月5日16時(日本時間)にグランドオープンする。このデジタルサロンのオープンに照準を合わせ、新型ハヤブサを世界同時公開すると見て間違いない。

初期型から受け継がれてきたハヤブサ顔は健在。ちなみにキャプチャー画像は全て明るく加工してある。 [写真タップで拡大]

↓アプリのダウンロード等はコチラから。


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|最新バイク情報