BIMOTA TESI 3DCR Speciale×MOTO CORSE×ライドハイ

【モトコルセ×テージ 3DCR スペチアーレ】ハブセンターマシンを磨き上げた至高のコンプリート

●文:ライドハイ(伊藤康司)

2019年にカワサキと合弁会社を設立したビモータ。必然的にドゥカティエンジンを搭載したテージシリーズは終焉を迎えることになる。そんな“最後の”マシンになり得るテージ3Dをベースとしたコンプリート車が、モトコルセの手によって生み出された。

スペチアーレと命名された唯一無二の存在感

イタリアのビモータ社は、一般的なテレスコピック式フロントフォークと大きく異なる“ハブセンターステアリング”機構を持つTESI 1Dを1989年に発表、それから進化・熟成を重ねたのがTESI 3D NAKEDだ。

このモデルをベースに、モトコルセがオリジナルのカーボン外装やカラーリング、ファクトリーマシンに迫るブレーキシステムを搭載。そしてエンジンチューニングをさらに活かすため、モーテック社のエンジンマネージメントシステムを投入したコンプリートマシンが「TESI 3DCRスペチアーレ」だ。

→全文を読む|写真4点(ライドハイ公式サイト)


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|最新バイク情報