タンク上面にはセンターストライプも

ホンダCB1000Rが車体色変更[2020モデル]スイングアームやヘッドライトリムをブラックアウト

ファイアーブレード由来のエンジンを搭載するホンダのスポーツネイキッド、CB1000Rが2020年モデルとしてカラーチェンジを受けた。新色のマットパールグレアホワイトだけでなく、従来色もパターン変更や各パーツのブラックアウトなどにより精悍さを増している。

新色のマットパールグレアホワイトが登場、従来色も変更を受ける

最新型CBR1000RR-Rよりもロングストロークで、低中速トルクが豊かな2008年型CBR1000RRをベースとした並列4気筒エンジンを搭載し、各種電子制御も充実。片持ちスイングアームなどホンダのレーシングDNAを感じさせる装備も魅力のリッタースポーツネイキッド、CB1000Rがカラーチェンジを受けた。

新色として採用されたのは、従来のシルバーに代わる「マットパールグレアホワイト」で、カラーバリエーションの変更に伴い、赤、黒を含む全色ともにスイングアームやトップ/ボトムブリッジ、ヘッドライトリムをブラックで統一し、力強いスタイルをより強調した。また、燃料タンク上面にはローコントラストのセンターストライプを採用することで、スポーティな雰囲気を高めている。

従来は燃料タンク後端がシルバー塗装となっていたが、ニューカラーでは上面にストライプを配置。

CB1000Rは“操る楽しさ”を表現したスポーツモデル。スロットル・バイ・ワイヤシステムやクイックシフターなどの電子制御技術を採用するとともに、走行モードは「SPORT」「STANDARD」「RAIN」のプリセットモードと、ライダーが任意に設定できる「USER」の4種類から選択が可能。走行モードに応じて変化するのはエンジンの出力特性のほか、ホンダ・セレクタブル・トルク・コントロール(いわゆるトラクションコントロールシステムの一種)と、エンジンブレーキ特性が変わるセレクタブル・エンジンブレーキも連動する。いずれも「USER」モードでは個別に3段階ずつ(トラコンはOFFも可能)調整することもできる。

アルミカムのアシストスリッパークラッチや、アップ/ダウン双方向対応のクイックシフター、トキコ製ラジアルマウントブレーキキャリパーなど、走りを向上するパーツもふんだんに盛り込んでいる。ABSやETC2.0車載器、イモビライザーのH.I.S.S.のほか、グリップヒーターも標準装備だ。

HONDA CB1000R[カラーバリエーション・2020年モデル]

CB1000R(マットパールグレアホワイト)
CB1000R(グラファイトブラック)
CB1000R(キャンディークロモスフィアレッド)
【HONDA CB1000R[2020]】主要諸元■全長2120 全幅790 全高1090 軸距1455 シート高830(各mm) 車重212kg(装備)■水冷4ストローク並列4気筒 DOHC4バルブ 998cc 145ps/10500rpm 10.6/8250rpm 変速機6段 燃料タンク容量16L■タイヤサイズF=120/70ZR17 R=190/55ZR17 ●価格:167万900円 ●受注生産車

関連する記事

関連記事

トガッたルックスを持ち、SS由来の強心臓を搭載するモデルも多数――。「ストリートファイター」や「スーパーNK」と呼ばれるマシンが居並ぶ当クラス。国産は、始祖であるカワサキのZシリーズに対し、ヤマハがM[…]

関連記事

ホンダのミドルクラス直4フルカウルスポーツ・CBR650Rに引き続き、今回は兄弟ネイキッドモデル・’19 CB650Rに試乗した。動きが軽くライダーに従順で、CBRよりも元気良い走りを楽し[…]

関連記事

“ネオスポーツカフェ”のフラッグシップとして2018年に発売され、モダンクラシックなデザインにアップ/ダウン対応のクイックシフトなどの最新装備を誇るCB1000R。欧州のカスタムショー“Wheels […]

関連記事

欧州で5月から発売されている新型カタナ。日本での登場も間もなくと噂されるが、まずは欧州ジャーナリストたちがカタナをどう感じたのか、そのレポートをお届けしたい。記事を提供してくれたのは、イギリスのWEB[…]

Suzuki Katana
関連記事

デビュー以来、飛ぶ鳥を落とす勢いで売れているカワサキのZ900RS。そのバリエーションモデルである“カフェ“が早くも’19年モデルへ移行した。さっそく新色に乗ってみたぞ! 【〇】懐古的なのは外観のみ […]

001-900rs

最新の記事

WEBヤングマシン|最新バイク情報