カワサキ正規取扱店では400cc以下とコンペモデル

【カワサキ】2020年4月1日以降、401cc以上の新車がプラザ店のみの取り扱いに

2016年にスタートしたカワサキの販売網再編は、予定通り2020年に新車販売チャネル変更が行われることになった。401cc以上はカワサキプラザにて、400cc以下は全てのカワサキ正規取扱店にて販売されることになる。変更日は2020年1月1日だが、3月末までは移行期間とし、実質的なスタートは4月1日となる。

大型バイクの新車取扱いが変更、整備等は従来通り

かねてより販売網再編を続けていたカワサキ正規取扱店ネットワークが、いよいよ新しい新車販売網として稼働する。2019年12月20日時点で53店舗を数えるカワサキプラザネットワークでは、カワサキの全ての新車を取り扱う。そしてカワサキ正規取扱店では、400cc以下の新車および自動車登録番号票の取得がないコンペティションモデルを取り扱うことになる。

すでに新車販売チャネルの変更は行われているが、2020年3月末までは移行期間として従来通りの販売を行い、4月1日から正式スタートとなる。新車販売以外については、全ての店舗で全モデルの保証やメンテナンスを従来通り行い、部品やアフターパーツ、ウエア&グッズの取り扱いも変更なし。ただしプラザ特典はカワサキプラザ専用となるほか、Ninja H2Rに関しては別途、取り扱い指定店での販売になる。

また、上記53店舗のカワサキプラザに加え、カワサキプラザ郡山、長野、山梨、小牧、名古屋みなと、滋賀、京都南、神戸兵庫、宮崎、鹿児島がそれぞれ2020年春にオープン予定だ。

カワサキプラザ店

2020年1月からの取り扱い一覧

関連する記事

関連記事

市場初のスーパーチャージド・ネイキッドであるZ H2、現在唯一となる250cc並列4気筒のNinja ZX-25R、人気ネオクラ無印W800の復活、そして既存モデルのブラッシュアップ等、2019年のバ[…]

関連記事

カワサキから驚きのクリスマスプレゼントだ! 東京モーターショーでカワサキファン、4気筒ファンを沸騰させたニンジャZX-25Rは、未だその動く姿も音も、我々の前に現れていない。だが、あとほんの少しの辛抱[…]

関連記事

「マシン・オブ・ザ・イヤー(MOTY)」は、その年に発売されたバイクから人気ナンバー1を決める投票企画。1972年創刊のヤングマシンは翌1973年から日本カー・オブ・ザ・イヤーのバイク版としてこの企画[…]

関連記事

過激ストリートファイターとして人気を博しているZシリーズ。頂点のZ1000を超える存在として、スーパーチャージャーを搭載した「Z H2」が’20年に投入される。カワサキ開発関係者によれば、[…]

KAWASAKI Z H2
関連記事

いったんは生産終了となり、排ガス規制への対応とともにストリート/カフェの2本立てで’19年に復活したカワサキW800。そのラインナップのラストを飾るのは、’66年にデビューした元祖650-[…]

最新の記事

WEBヤングマシン|最新バイク情報