フロント19インチの本命STD登場!

カワサキW800×3モデルのラインナップ出揃う【スタンダードモデル発売】

  • 2019/12/27

いったんは生産終了となり、排ガス規制への対応とともにストリート/カフェの2本立てで’19年に復活したカワサキW800。そのラインナップのラストを飾るのは、’66年にデビューした元祖650-W1を彷彿とさせるデザインのスタンダードモデル・’20 W800だ。

W800:最後に登場したスタンダードモデル

排ガス規制の影響により’16年7月のファイナルエディションで生産終了したW800が、W800ストリート/カフェとして’19年に復活したのは記憶に新しい。モダンさを増した一方で、従来通り往年のW1を思わせる、クラシカルな「W」を求めていたファンも多かった。

そんな声に応え、正統派と呼ぶべき無印のW800がデビューした。

KAWASAKI W800
【’20 KAWASAKI W800】空冷並列2気筒SOHC4バルブ 773cc 52ps/6500rpm 6.3kg-m/4800rpm ■全長2190mm シート高790mm 重量226kg(装備) 6速 15ℓ ■タイヤF=100/90-19 R=130/80-18 ●価格:110万円
KAWASAKI W800
カフェのツートンシートなどアクセサリーが豊富に用意されており、好みでモディファイ可能だ。

メッキを多用したスタイルは、まさしく’66年にデビューした元祖650-W1がモチーフ。前後フェンダーやシルバーのバーチカルツインが眩しい。さらにストリート/カフェのF18インチに対し、19インチとすることで外観も走りもレトロ風に。ハンドルはストリートより低く、カフェより高い設定だ。

KAWASAKI W800
(左)リヤフェンダーも他の2車と異なるロングタイプでクロームメッキを施す。全車とも材質はスチール製となる。(右)フロントを18→19インチとし、アウターフォークをシルバー化。メッキ仕様のロングフェンダーも専用だ。
KAWASAKI W800
(左)シリーズで唯一センタースタンドを装備。カフェが採用するタンクパッドやグリップヒーターも標準で備える。(右)タックロールシートも専用品。白いパイピングと厚いクッションが特徴で、シート高はストリートより20㎜高い。

三車三様 細部にわたって装飾を変更

W800:前19インチ+クラシック装飾

フロント19インチに専用エンブレムなどメッキが特徴。パイプハンドルは、ストリートよりフラットなメッキ仕様だ。メーター文字盤は最もシンプルだ。

’20 KAWASAKI W800
KAWASAKI W800
’20 KAWASAKI W800

W800ストリート:前18インチ+モダン装飾

各部をブラックで仕上げ虚飾を廃したプレーン仕様。タンクとメーター文字盤にストライプが入る。ハンドルは、アップかつ手前の設定。

’19 KAWASAKI W800 STREET ●価格:101万2000円
KAWASAKI W800 STREET
’19 KAWASAKI W800 STREET

W800カフェ:前17インチ+カフェ装飾

ビキニカウルに低く構えたスワローハンドル、シングル風シートでカフェを体現した。シート高は右の2車より20mm高い。文字盤は唯一の白だ。

’19 KAWASAKI W800 CAFE ●価格:113万3000円
KAWASAKI W800 CAFE
’19 KAWASAKI W800 CAFE

このバイクに関連する記事

※本記事の内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。