伝統と現在と、そして次世代へ

カワサキの底力発揮、未来を見据えた全方位展開戦略とは?

  • 2020/1/1
カワサキ 全方位展開

市場初のスーパーチャージド・ネイキッドであるZ H2、現在唯一となる250cc並列4気筒のNinja ZX-25R、人気ネオクラ無印W800の復活、そして既存モデルのブラッシュアップ等、2019年のバイク業界を大いに沸かせたカワサキ。その未来を見据えた戦略とは?

噂の電動マシン開発を正式発表

2019年のEICMA(ミラノショー)で、「走り」が楽しい電動バイクを初披露したカワサキ。注目すべきはミッションだ。電動バイクはオートマチック=無段変速が常識だが、カワサキ製はギヤチェンジでスポーティな走りを狙う。さらに左手に親指で操作する回生ブレーキのレバーも装備。

情報によると「ハンドリングはガソリン車とあまり変わらない。モーターの特性により路面に吸い付くようにトラクションがかかる」という。既存の電動車とは一味違う、カワサキならではの電動バイクと言えよう。開発は’00年初頭からスタートしており、現在ではより発展形の試作機が存在する模様。

KAWASAKI EVProject
カワサキEVプロジェクト
カワサキ 全方位展開
最下部にモーター、その上にバッテリー、上部に制御ユニットを搭載。
カワサキ 全方位展開
ミッションは4段リターン式で、既に多数の特許を取得しており「公道で試験走行済み」というから驚きだ。
カワサキ 全方位展開
足まわりなどに既存モデルのパーツを多く流用しているのが妙に現実的だ。

最新技術で再生産されるZ1/Z2パーツ

東京モーターサイクルショーで、Z1とZ2の再生産シリンダーヘッドが世界初公開された。’19年3月の再生産発表、7月末の試作品公開を経て、ついに実物がお目見えとなった格好だ。’70年代当時の図面に規定された仕様を元に、現代の設計基準・製造技術・製造法を用いた新開発となる。

関係者によると「コストは度外視」。名車中の名車とそのユーザーを大事にする、カワサキの思いが伝わってくる。「メーカーでないと生産できない」としてリクエストが多かったのが部品選定の理由だ。生産数は1000個で、12月中旬に開設予定の専用サイトで受注を開始する。他の部品やモデルについては、今回の購入者の声などから検討する予定という。

Z2/Z1 CYLINDER REVIVAL
Z2/Z1 CYLINDER REVIVAL
カワサキ 全方位展開
薄肉かつ中空構造を持つ設計に適した「低圧鋳造法」を採用。
カワサキ 全方位展開
本来のパーツより加工精度、材料とも向上している。
カワサキ 全方位展開
生産はもちろん日本の明石工場だ。価格は黒26万4000円、銀25万3000円。排気管取り付け用のスタッドボルト径は後期型のM8となる。

H2以降、あらゆる方向に新たな点を打ち続ける!

現行唯一となる250㏄直4のZX-25R、市場初のスーパーチャージャーネイキッドであるZ H2、人気ネオクラ無印W800の復活。そして既存モデルのブラッシュアップ、未来を見据えた電動モデル…。カワサキは全方位的に隙がなく、勢いがある。転機は、前代未聞のスーパーチャージャーマシン=H2を発売した’15年以降。他社がやらないモデルを積極的に開発し、しかも確実にヒットさせている。関係者によると「リサーチをしてお客さんとの距離を近く、でも近すぎず、ライダーがワクワクするモノをつくりたい」の思いが根底があり、国内メーカーの中では少し違う立ち位置を目指しているとのこと。まさに「Let the Good Times Roll」を愚直に追求した成果が近年のラインナップに現れている。

カワサキ 全方位展開

いまの熱狂

現代の持てる技術を使い、ライダーをアッと言わせるモデル群。増殖するスーチャー搭載車に、ジェットサウンドのZX-25R、ビモータとのタッグetc……。

伝統の継承

ダブワンやZほか、数々の名車を擁するたカワサキ。そのイメージを継承した現代版にも力を入れている。再生産パーツの拡充にも期待。

次世代展開

電動モデルを鋭意研究中。’21年はボッシュの先進運転支援システム(ADAS)搭載モデルを発売する。’13東モで発表した人工知能搭載の電動コンセプト=Jの具現化も近い?

カワサキ 全方位展開

カワサキ躍進の立役者たち。左からH2/H2Rの開発リーダー、市 聡顕氏。マーケティング部部長の桐野英子氏。現行ZX-10Rなどを手掛けた設計統括の松田義基氏。川崎重工業モーターサイクル&エンジンカンパニーの堀内勇二プレジデント。「特別な時間を過ごせるマシンをつくりたい」との思いは共通だ。

関連する記事リンク

※本記事の内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。