THE LEGEND IS BACK!

待望の現代版”ハンターカブ”・ホンダCT125と元ネタCT110を徹底比較

  • 2020/1/4
ホンダCT125[コンセプトモデル]

’19年9月に発表され、その後の東京モーターショーでも大きな話題を集めたホンダ「CT125」。’60年代に産声を挙げ、今なお独自の魅力を放つ名車”ハンターカブ”の系譜に連なる最新コンセプトモデルは、数々の新設計パーツを満載し、外観もコンセプトも往年のアウトドアマシン「CT」の名に恥じない仕上がりとなっている。

●写真:真弓悟史/鶴身 健 ●まとめ:沼尾宏明 ●取材協力:ホンダモーターサイクルジャパン、モノチリンドロ

外見、コンセプトとも往年の名車を忠実に再現

アップマフラーに、リヤキャリアの位置にあるハイマウント吸気ダクト、ブロックパターンタイヤ…。山や野はもちろんのこと、時には水の中さえ走破するタフ装備を与えられた名車が「CT110」である。国内では”ハンターカブ”の愛称で知られ、根強いファンの多い1台だ。

東京モーターショー2019で一般公開されたコンセプトモデル「CT125」は、スーパーカブC125をベースに、往年のCT110と同様の装備を与えたバイクだ。

ホンダCT125[コンセプトモデル]
HONDA CT125 [CONCEPT MODEL] ●本誌予想発売時期:’20年春

何よりも驚くべきは、その再現度だろう。「非常によくできています」と、CT専門店「モノチリンドロ」夏川雅弘社長が語るほど、元ネタのCT110と似ている。現行モデルでは、CTシリーズを彷彿とさせるクロスカブ110も存在するが、こちらはコストダウンを重視した側面が大きく、共用パーツも多い。一方のCT125コンセプトモデルは、CTのシンボルであるマフラーや吸気ダクトなど専用設計パーツを多数奢り、外見もコンセプトも往年の名車を再現している。

「コストをかけ、CTの本質を捉えてきた。ホンダは本気ですね」(夏川氏) このまま市販化されるかは不明だが、同じくコンセプト車だったスーパーカブC125がほぼ同じ仕様で市販化され、約40万円という高価格帯ながらヒットした。同様にCT125がこのスタイルで登場する可能性は高い、と『ヤングマシン』本誌では見ている。

’19 HONDA SUPER CUB C125 ●価格:40万7000円
CT125のベース車となったのは、初代C100をモチーフに仕上げたプレミアム仕様のカブ。スーパーカブ110ベースの骨格にウェーブ125i系の心臓を積む。CT125は、これに続く高級ネオレトロ路線の第2弾になる?

元ネタ・CT110:30年以上不変だったクラシックトレール

CT125のイメージベースとなっているCT110は、’61年の初代CA100Tから海外で進化を重ね、’80年に110として登場。アップマフラーやガード類による悪路対応、減速比を変更して登坂力を高める副変速機など、不整地を走るために数々の専用装備が与えられた。輸出先の豪州では、ほぼ仕様を変えずに販売され、’12年で絶版に。国内の人気も高く、今も高い中古車相場を誇る。

ホンダCT125[コンセプトモデル]
HONDA CT110 a.k.a. “ハンターカブ”
ホンダCT125[コンセプトモデル]

「CT110とソックリ」と夏川氏が絶賛するのが左のアングル。ディティールの完成度も高く、実車の発売も遠くないのでは? 次稿からじっくり詳細を見ていこう。

次稿より新型CT125とその元ネタCT110を徹底比較。まずはスタイリングの違いからお届けする。

※本記事の内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。