RaceReport|Racing Heroes

亀井雄大がJSB初ポール! レース1は優勝:中須賀克行、2位:岡本裕生、3位:満身創痍の渡辺一樹【全日本ロード第3戦 オートポリス 決勝レース1】

全日本ロード第3戦 オートポリスは、21日(土)に予選・決勝レース1をワンデーで実施。中須賀克行(YAMAHA FACTORY RACING TEAM)が、安定の速さで今季5勝目を挙げた!

●文/写真:Racing Heroes(駒井俊之)

駒井俊之(こまい・としゆき)/1963年生まれ。バイクレース専門サイト「Racing Heroes」の運営者。撮影から原稿製作まで1人で行う。“バイクレースはヒューマンスポーツ”を信条に、レースの人間ドラマを追いかけている。

21日(土)に予選・決勝レース1をワンデーで行った全日本ロード第3戦 オートポリス

土曜日に予選・決勝レース1をワンデーで行う。ウエット路面での予選は亀井雄大(Honda Suzuka Racing Team)がJSB初ポールポジションを獲得! しかし決勝レースではトラブルからピットスタートに。中須賀克行(YAMAHA FACTORY RACING TEAM)が安定の速さで今季5勝目を挙げる。2位に岡本裕生(YAMAHA FACTORY RACING TEAM)、3位に骨折を押しての出場:渡辺一樹(YOSHIMURA SUZUKI RIDEWIN)。

予選日の朝、昨夜来の雨で路面はウエット。雨はポツポツ降る程度だがウエットパッチが残る微妙な路面。各車レインタイヤで出て行くが路面は次第に乾いていく。終盤にド肝を抜いたのは亀井。スリックタイヤで出て行き、トップ中須賀の1分57秒884を2秒以上上回る1分55秒665をマークしてJSB1000クラスで初ポールポジションを獲得した。セカンドラップタイムも亀井がトップ。今日のレース1と明日のレース2ダブルポールを決める。

「中古のハードレインで走り出し、途中でソフトに替えたらあっという間に無くなり、再びタイヤ交換にピットインしたら“レインタイヤは無い”と(笑)。そこでスリックに履き替えて出て行きました。怪我の功名です。ポールは取れましたが決勝では中須賀選手、渡辺選手が出てくるのは見えているのでスタートを決めてできるだけ自分のペースで飛ばして少しでも差を広げておきたいです」


※本記事は”ミリオーレ”から寄稿されたものであり、著作上の権利および文責は寄稿元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|新車バイクニュース