将来のスーパースポーツはどんなカタチになる?

各メーカーのカウリング形状を同アングルで比較【F1化が進む!? MotoGPマシンのエアロダイナミクス】

世界最高峰のレースであるMotoGP。その戦いの中で、毎年形状が進化しているのがカウリングのエアロパーツである。各メーカー様々な形状を試行錯誤。当然、エアロパーツをたくさん装着して大きくすればハンドリングに重さが出るが、エアロパーツがないとウィリーしやすく高速域で安定しないバイクになってしまう。今回は2022年シーズンの1/3が経過しようとする第6戦スペインGPでその形状を比べてみた。

●文:ミリオーレ編集部(小川勤) ●写真:ミシュラン

ウイングからエアロパーツへ。前輪の接地感向上からウィリー抑止のアイテムへ

2022年、MotoGP第6戦スペインGPはヘレスで開催。ストレートは比較的短めだが、後半セクションは中高速コーナーが続き、エアロパーツが重要視されそうなコースだ。そのヘレスで各車のエアロパーツを比較してみた。

まずは、このエアロパーツの効果を改めて紹介しよう。

元々はドゥカティが積極的に採用していたパーツで、2016年辺りから急速に普及。その後、ウイングレットと呼ばれるものはライダーへの接触などもあり、レギュレーションで禁止に。しかしボックス形状のエアロパーツとして進化し、幅や形状などがレギュレーションで決められ現在に至る。近年は毎年のように形状を変え、セッティングパーツとしても普及している。

2016年頃はMotoGPのタイヤがブリヂストンからミシュランに変更されたこともあり、旋回中のフロントタイヤの接地感向上を狙う声も多かった。その一方で、ハンドリングの重さから使用しないライダーもいたアイテムだ。

2016 ドゥカティ MotoGPマシン ウイングレット 空力デバイス エアロパーツ 空力
2022 ドゥカティ MotoGPマシン ウイングレット 空力デバイス エアロパーツ 空力

2016年のドゥカティのMotoGPマシン(左)。この頃は完全に羽の形状。これは現在の市販車に継承されている。2022年モデルのドゥカティのMotoGPマシン(右)は完全にボックス化。カウリングのアイデア勝負はドゥカティが一歩先をいっている印象が強い。 [写真タップで拡大]

エアロパーツが普及してからライダーはフィジカルを強化

少し前までカウリングの目的は、空気抵抗を減らし最高速を伸ばすためのものだった。しかし、ここにきてダウンフォースを稼ぐ目的が大きくなり、現在はすべてのマシンがエアロパーツを導入している。でも、ここで問題になってくるのがハンドリングへの影響だ。

MotoGPマシンは直線だけでなく、当然コーナーリングが大切。これだけのエアロパーツがあればハンドリグは重くなり、ライダーへの負担が大きくなる。カウルのどこにどういう風を当ててどう剥離させるか、ダウンフォースと運動性の両立を各メーカーはひたすら研究しているというわけだ。もちろん冷却など他にもカウリングに求められることはたくさんある。

以前、マルク・マルケスの転倒後のコメントで印象的だったのは、ウイングが片方なくなるとストレートはバランスが悪くなるというもの。それだけカウルの形状や左右のバランスは重要だということだ。

さらにライダーにはフィジカルが求められるようになっているのもここ最近の傾向。マルク・マルケスホルヘ・マルティン中上貴晶などのインスタグラムをチェックすると、まるで彫刻のような身体に驚くはず。ファビオ・クアルタラロは細身だが体幹がしっかりしている印象で、各ライダーかなりトレーニングを重ねていることがよくわかる。

まずはヘレスに登場した各メーカーのエアロパーツのカタチを見てみよう!

2022 ホンダ MotoGPマシン ウイングレット 空力デバイス エアロパーツ 空力
2022 ホンダ MotoGPマシン ウイングレット 空力デバイス エアロパーツ 空力

ホンダはウイング形状ではあるが、かなり複雑なデザインであることがわかる。この後のヘレステストではさらに新しい形状もテストしていた。 [写真タップで拡大]

2022 ヤマハ MotoGPマシン ウイングレット 空力デバイス エアロパーツ 空力
2022 ヤマハ MotoGPマシン ウイングレット 空力デバイス エアロパーツ 空力

ヤマハもウイング状ではあるが、凝った形状。エアインテーク部分がとても大きいのも特徴。 [写真タップで拡大]

2022 スズキ MotoGPマシン ウイングレット 空力デバイス エアロパーツ 空力
2022 スズキ MotoGPマシン ウイングレット 空力デバイス エアロパーツ 空力

スズキはシンプルなボックス形状を採用している。 [写真タップで拡大]

2022 ドゥカティ MotoGPマシン ウイングレット 空力デバイス エアロパーツ 空力
2022 ドゥカティ MotoGPマシン ウイングレット 空力デバイス エアロパーツ 空力

エアロダイナミクスをひたすら研究するドゥカティ。その形状はアンダーカウル部分を含めてとても複雑だ。 [写真タップで拡大]

2022 アプリリア MotoGPマシン ウイングレット 空力デバイス エアロパーツ 空力
2022 アプリリア MotoGPマシン ウイングレット 空力デバイス エアロパーツ 空力

ウイング形状のアプリリア。ブレーキまわりも含めた、ボディライン全体の繋がりは、見た目にも空力的にも良さそうな印象。 [写真タップで拡大]

2022 KTM MotoGPマシン ウイングレット 空力デバイス エアロパーツ 空力
2022 KTM MotoGPマシン ウイングレット 空力デバイス エアロパーツ 空力

KTMはボックス形状を2段構え。エアインテークも二重構造になっているのが気になる。 [写真タップで拡大]

2022 ドゥカティ MotoGPマシン ウイングレット 空力デバイス エアロパーツ 空力

こちらはヘレスでドゥカティが装着していたフロントディスクのエアロパーツ。コースによって使い分けているが、果たしてどんな効果があるんだろう? [写真タップで拡大]

2022 ドゥカティ MotoGPマシン ウイングレット 空力デバイス エアロパーツ スタート ライドハイト 空力

ちょっと見慣れてきたシャコタンのスタートシーン。このライドハイトデバイスや電子制御とあわせてエアロパーツは進化している。 [写真タップで拡大]

〈次のページは…〉エアロパーツは、MotoGPマシンから市販車へ
ホーム原付で災害現場に向かうバイク隊! 千葉県四街道市で活動する「防災バイク隊」とは?
WEBヤングマシン|新車バイクニュース