ウェット路面も楽しめるスーパーオールラウンダー! ブリヂストン「バトラックス スポーツツーリング T32」試乗

  • 2021/09/10
  • 【BRAND POST】ブリヂストン

環境変化にすこぶる強いうえに、乗り手に妙な負荷をかけない。ブリヂストンが誇るツーリングラジアルタイヤ、「バトラックス スポーツツーリング T32」は、長旅の相棒として理想的な資質を備えているのだ。

●文:中村友彦 ●写真:長谷川徹 ●BRAND POST提供:ブリヂストン

特性や環境に合わせたアジャストは不要

ブリヂストンTシリーズの最新作、バトラックス・スポーツツーリングT32を履いたCB1300SFをじっくり乗り込んで、僕が面白いと感じたのは、いい意味で、コレといった主張が伝わって来ないことだった。最近のスポーツツーリングタイヤでは、ハイグリップ&スポーツ系ほどではなくても、荷重のかけ方や旋回のさせ方に関して何らかの主張や特徴、やるべきことを感じる機会が増えているのだけれど、T32は接地感が常に安定しているうえに、挙動や反応はどんなときもナチュラルだから、タイヤに合わせて乗り方をアジャストする必要がない。

しかも素晴らしいことに、このタイヤはウェット路面でも、アジャストがほとんど必要ないのである。もちろんドライ路面と同じではないのだが、ワインディングでスポーツライディングを楽しんでいる最中に雨に見舞われても、それまでと大差ない感覚で、ごく普通にブレーキをかけ、ごく普通に車体を寝かせ、ごく普通にトラクションを感じながらアクセルを開けられる。

BRIDGESTONE BATTLAX SPORT TOURING T32

重さは感じないものの、スポーツツーリングT32は軽快感より安定感重視のタイヤ。ウェット路面では、その資質が有効な武器になる。 [写真タップで拡大]

BRIDGESTONE BATTLAX SPORT TOURING T32

パルスグルーブの特徴は、水分の流速を高めるために溝の幅を断続的に変化させ、幅広い部分の中央に突起=ディフレクターを設けたこと。 [写真タップで拡大]

ただし先代のT31だって、ウェット路面でのフィーリングは良好だったのだ。でも独創的なパルスグルーブを導入して排水性に大幅な磨きをかけ、さらに同社ならではのアルティメットアイを駆使して、リヤの接地面積を13%増やしたT32は、グリップレベルが低くなった状況を、T31以上に気楽に走れる。中でも印象的だったのはブレーキングに対する反応で、スリップを気にすることなく、思い切ってレバーを握り/ペダルを踏み込める感触は、誤解を恐れずに言うならレーシングレインを思わせるほど。いずれにしてもT32を履いたバイクにとって、雨は大きなマイナス要素にならないのである。

もっとも、こういった特性に魅力を感じるかどうかはライダーによりけりだろう。とはいえ、状況を把握していない道がメインとなるツーリングでは、T32の資質は非常にありがたい。事実、今回の試乗で約400kmを走った僕は、タイヤが主張しないことが、あらゆる場面での扱いやすさに結びつくことを、しみじみ実感したのだった。

試乗後に改めて感心したのは、心理的なアップダウンが少ないことによる疲労の少なさ。例えばハイグリップ&スポーツ系タイヤを履いた車両でロングランに出かけると、ワインディングではアップ、市街地の渋滞や雨天走行ではダウンという感じで、走行中の気持ちが何度も大きく揺れ動くのだが、スポーツツーリングタイヤはアップダウンの振れ幅が比較的穏やかで、その点は既存のTシリーズにも通じる話である。ただし、T32 のソツのなさ、環境変化に対する強さは、先代のT31を完全に上回っていて、その特性は乗り手の疲労軽減に大いに貢献していたのだ。

BRIDGESTONE BATTLAX SPORT TOURING T32

BRIDGESTONE BATTLAX SPORT TOURING T32 ■サイズ&価格 [写真タップで拡大]

BRIDGESTONE BATTLAX SPORT TOURING T32

BRIDGESTONE BATTLAX SPORT TOURING T32 ■先代のT31に対して、ウェット路面での制動距離は7%短縮。もっとも個人的には、10%以上は短くなっている気がした。 [写真タップで拡大]

[写真タップで拡大]

テストを担当したのはタイヤ大好きライターの中村。ここ最近のブリヂストンでは、バトラックス ハイパースポーツS22がお気に入り。


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

WEBヤングマシン|最新バイク情報