コスパと燃費のモンスター

39万円以下で高速道路も走れる! スズキ「ジクサー」 が新排ガス規制に適合&ニューカラー採用

スズキは、ロングストローク設定の空冷154cc単気筒エンジンを搭載し、前後17インチホイールを履く軽二輪ネイキッドスポーツモデル「ジクサー(150)」に新色を設定し、2023年モデルとして1月27日に発売する。新たに令和2年排出ガス規制に適合し、価格は3万3000円上昇した。


●文:ヤングマシン編集部(ヨ) ●外部リンク:スズキ

燃費は51→50km/Lに……だけど相変わらずの航続距離が期待できそう!

スズキは、2017年に初代モデル登場、2020年に現行デザインへとモデルチェンジを受けた「ジクサー(150)」の2023年モデルを発表した。新たにエンジンは令和2年排出ガス規制に適合し、カラーラインナップが一新されている。

2020年のモデルチェンジでは、フェアリングを車体中心に向けてコンパクトに凝縮させ、ボリュームのあるタンクとスリムな2分割シートによりメリハリのあるデザインとし、ヘッドライトやテールランプはLEDを採用。カウルと一体化させたグラブバーやスイングアームマウントリヤフェンダーなどにより、リヤまわりもコンパクトなスタイリングを実現した。

エンジンはフリクション低減や燃焼効率向上を図ることで低速から力強い加速性能を誇る、154ccの4ストローク空冷単気筒SOHC2バルブエンジンを採用。これをコンパクトなフレームに搭載することで、装備重量139kgという驚異的軽さを実現している。また、リヤのみだがラジアルタイヤを装着していることも見逃せない。

ジクサーの素性の良いエンジンはモンスター級の低燃費で知られ、従来型は51.0km/LというWMTCモード燃費から想定される612kmを軽々と上回る航続距離が多くのユーザーやメディアから報告されている。

新型はスペックにわずかな変更があり、最高出力は14ps/8000rpm→13ps/8000rpmへ、WMTCモード燃費は50km/Lとなっているが、引き続き燃費モンスターぶりが期待できそうだ。

また、価格は3万3000円上昇したとはいえ、38万5000円と40万円を大きく切っており、抜群のコスパも相変わらず。発売日は2023年1月27日に発売される。

SUZUKI GIXXER[2023 model]

スズキ|ジクサー150|2023年モデル
スズキ|ジクサー150|2023年モデル

SUZUKI GIXXER 150[2023 model]トリトンブルーメタリック(YSF) [写真タップで拡大]

スズキ|ジクサー150|2023年モデル
スズキ|ジクサー150|2023年モデル

SUZUKI GIXXER 150[2023 model]グラススパークルブラック(YVB) [写真タップで拡大]

スズキ|ジクサー150|2023年モデル
スズキ|ジクサー150|2023年モデル

SUZUKI GIXXER 150[2023 model]ソニックシルバーメタリック×パールブレイズオレンジ(CJ9) [写真タップで拡大]

車名ジクサー
認定番号/型式Ⅱ-379 / 8BK-ED131
全長×全幅×全高2020×800×1035mm
軸距1335mm
最低地上高160mm
シート高795mm
キャスター/トレール24°50′/100mm
装備重量139kg
エンジン型式空冷4ストローク単気筒SOHC2バルブ
総排気量154cc
内径×行程56.0×62.9mm
圧縮比9.8:1
最高出力13ps/8000rpm
最大トルク1.3kg-m/5750rpm
変速機常時噛合式5段リターン
燃料タンク容量12L
WMTCモード燃費50.0km/L(クラス2、サブクラス2-1、1名乗車時)
タイヤサイズ前100/80-17
タイヤサイズ後140/60R17
ブレーキ前油圧式ディスク(ABS)
ブレーキ後油圧式ディスク
乗車定員2名
価格38万5000円
発売日2023年1月27日

※本記事は“ヤングマシン”が提供したものであり、文責は提供元に属します。※掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。※掲載されている製品等について、当サイトがその品質等を十全に保証するものではありません。よって、その購入/利用にあたっては自己責任にてお願いします。※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|新車バイクニュース