エイト YZF-R7カスタム【レーシングボディを身にまといサーキットランを楽しもう】

YZF-R7は本格的ながら軽快で扱いやすい車両特性を持つ新時代の正統派ミドルスポーツ。そのサーキット向けボディパーツをエイトが開発、装着したマシンを公開した。

●文/写真:ヤングマシン編集部(箱崎太輔) ●外部リンク:エイト

サーキットランを楽しむ高品質ボディパーツ

ミドルクラスのスーパースポーツマシンとして登場したYZF-R7。MT-07をベースとしつつも、フレームからエンジンまで車両全体にチューニングを施すことで、よりスポーツライディングに特化したモデルだ。

そんなYZF-なら、やはりサーキットでの本気の走りも楽しみたいもの。そこで、エイトがさまざまなボディパーツを開発し、デモ車両を公開した。

シルエットはノーマルベースだが、装着されているアンダーカウルはサーキット走行では必須のオイル受け形状となっており、専用スクリーンはノーマルよりも高い設定でフェアリング効果をアップさせている。シートには地面から情報をつかみやすいシッカリしたシートベースを採用。他にもノーマルシート用のタンデムシートカバー/フロントフェンダー/リヤフェンダーも装着され、本格的なサーキットランを追求できるマシンとなっている。

エイト YZF-R7カスタム

【フルカウル:レース用】●価格:7万4800円~8万5800円 [写真タップで拡大]

エイト YZF-R7カスタム

ノーマル車のシルエットを残しつつサーキットチューンを施したカウル。白ゲル/黒ゲル/ディープブルーゲルのラインナップがある。 [写真タップで拡大]

エイト YZF-R7カスタム

ノーマルのライトも使用できる構造になっているため、公道での走行も可能な仕様だ。もちろんサーキットランでのライトレス装着も可能。 [写真タップで拡大]

エイト YZF-R7カスタム

【スクリーン】エイト製フルカウリング専用のスクリーン。ノーマルよりも高く設定され優れた防風効果を発揮する。サーキットの高速走行時に有効な設計だ。 ●価格:1万7600円 [写真タップで拡大]

エイト YZF-R7カスタム

【フロントフェンダー】シルエットはそのままに、飛び石などの飛来物から車体やフロントフォーク、インナーチューブを保護する形状となっている。 ●価格:1万3200円~1万6500円 [写真タップで拡大]

エイト YZF-R7カスタム

【リヤフェンダー】ノーマルよりも後方に延長され、リヤタイヤまわりの整流効果と保護性能が高められたサーキットチューンで、チェーンケース一体型。 ●価格:1万8700円~3万3000円 [写真タップで拡大]

エイト YZF-R7カスタム

【純正カウル用アンダーカウル】純正ハーフアッパーカウル対応のアンダーカウル。サーキット走行に必須のオイルキャッチ機能を有する。ドレンプラグも装備。 ●価格:3万800円~3万6300円 [写真タップで拡大]

エイト YZF-R7カスタム

【シングルシート:レース用/ストリート用】サーキット走行に適したシートベースに、高いホールド性を発揮するラバーシートを採用。純正シートカウル対応のセット(2万5300円)も取り扱う。 ●価格:4万1800円~4万5100円/4万4000円~4万7300円 [写真タップで拡大]

エイト YZF-R7カスタム

【タンデムシートカバー】タンデムシートに被せることでレーシングシルエットになるカバー。基本的にはストリート用だが、サーキットでも間違いなく人目を惹くはず。 ●価格:1万3200円~3万3000円 [写真タップで拡大]


※本記事は“ヤングマシン”が提供したものであり、著作上の権利および文責は提供元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|新車バイクニュース