〈三ない運動問題〉埼玉県の高校生に好評だった、”乗せて教える”交通安全教育

●文/まとめ:ヤングマシン編集部(田中淳磨)

7割以上の生徒が好印象

前回に続いて、’21年に埼玉県で開催された「令和3年度高校生の自動二輪車等の交通安全講習」のアンケート結果について紹介する。埼玉県は’19年4月から三ない運動を撤廃し、バイク免許の取得や購入/乗車について、保護者同意のもと学校への届け出制とした。その上で、県の教育委員会が中心となって”乗せて教える”能動的な交通安全教育を推進している。県内を6地域に分けた講習会は、毎年1回、各地の自動車教習所に対象生徒を集めて開催されている。その内容は、原付バイクや自動二輪車を対象とした運転実技講習に加え、交通法規やマナー/モラルといった講義(座学)、さらには事故発生時の救急救命法にまで及ぶ充実したものだ。それでは、受講生徒がどのように感じていたのかを見てみよう。

まず紹介するのは、「受講した講習の印象について」という質問で、実技講習/講義/救急救命法についてそれぞれ選択するものだ。回答結果を見ると、「大変良かった」と「良かった」というポジティブな選択肢がとても多く、合計すると、3項目ともに7割以上の生徒が好印象を抱いていた。「あまり良くなかった」「良くなかった」を選択した生徒は極端に少なく、無回答が1割ほどいたことを差し引いても、参加生徒のほとんどが講習会の内容に満足していることがわかる。

受講した講習の印象(n=331人/アンケート回収314枚) [写真タップで拡大]

“難しさ”を楽しく知る場

次に、講習を受けた感想についてのフリーアンサー(自由記述回答)結果について、テキストマイニングしてみた(図1参照)。

講習を受けた感想についてのフリーアンサー

[写真タップで拡大]

講習を受けた感想についてのフリーアンサー

【講習を受けた感想(自由記述)についてのテキストマイニング結果】上の図はスコア別の結果で、日常的に使われる言葉の点数は低く、特殊な言葉ほど点数が高くなる。下の図は、単純に生徒の記述回答にたくさん出てきた言葉だ。これらの共起関係、修飾/被修飾関係を見ると、救急救命法や安全運転についての大切さを学んだことが見えてくる。※ユーザーローカル社のAIテキストマイニングを利用 [写真タップで拡大]

単語(名詞)で見ると、スコア(重要度の高い言葉)が高かったのは「救急救命」「aed(AED)」といった救急救命法に関連するワードだった。これらに続いては、「運転」「大切さ」「講習」「危険」といったワードが並んだ。こうした名詞の共起関係(同じ文章に出てくる)や修飾関係(同じ文章内での、形容詞や動詞への係り受け)を見てみると、次のような参加者の感想が見えてきた。

  • ポジティブ:「走行〜楽しい」「講習〜楽しい」「指導員〜楽しい」
  • ネガティブ:「千鳥〜難しい」「走行〜難しい」「運転〜難しい」「低速〜難しい」

受講生徒は、指導員による実技講習は楽しいものとしてポジティブに捉えているが、その反面、低速/千鳥走行などを体験することで、運転の難しさを再認識しているようだ。また、係り受け解析を進めると、「運転〜見直す」「丁寧〜教える(教えてもらう)」「大切さ〜わかる」「知識〜付ける」「危険〜知る」といった修飾/被修飾関係も見えてきた。こうした関係性からは、講義や救急救命法の内容といった知識の習得面について、参加生徒の中で”大切なこと”として受け止められていることがわかる。

“知る”場としては大成功

アンケート結果を見ると、教育委員会や指導員らの狙いはしっかり生徒に伝わっていることがわかった。実技講習の場は、運転/操作の難しさを知るとともに、愛車の状態や自身の運転レベルを知る場であり、決して運転技術上達の場ではない。ライディングスクールにありがちな、「テクニック」という言葉がひとつもなかったことはむしろ良いことだ。公道を走る上での危険は何か、安全運転に大切なことは何かを知ってもらう場としては大成功だろう。


※本記事は”ヤングマシン”から寄稿されたものであり、著作上の権利および文責は寄稿元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。

[連載] 2輪車利用環境改善部会に関連する記事

〈三ない運動問題〉埼玉県の高校生に好評だった、”乗せて教える”交通安全教育

7割以上の生徒が好印象 前回に続いて、’21年に埼玉県で開催された「令和3年度高校生の自動二輪車等の交通安全講習」のアンケート結果について紹介する。埼玉県は’19年4月から三ない運動を撤廃し、バイク免許の取得や購入/乗車について、保護者同意のもと学校への届け出制とした。その上で、県の教育委員会が中心となって”乗せて教える”能動的な交通安全教育を推進し […]

三原体制となった二輪車問題対策プロジェクトチーム、駐車問題は最優先か!?【法改正など議員への期待大】

オートバイ政治連盟(吉田純一会長)と全国オートバイ協同組合連合会(AJ/大村直幸会長)が、与党国会議員を迎えた座談会を2つ開催した。自民党政務調査会二輪車問題対策プロジェクトチームの新座長に就任した三原じゅん子氏との「二輪車業界の明日を考える座談会(1/24)」と、公明党オートバイ議員懇話会の北側一雄会長らとの「二輪車業界の今後を考える座談会(1/27)」だ。交わされた議論の中から駐車問題について […]

高校生はなぜモビリティを必要とするのか? バイクに乗りたい理由を検証〈三ない運動問題〉

利用者の声を忘れるな 4月1日から施行された改正民法により、「成人年齢は18歳」に引き下げられた。また、「電動キックボードは16歳以上免許不要」という道交法改正案も国会での審議を控えている。そんな状況下であっても忘れてはならないのが、利用者の声だ。本記事は、’21年に埼玉県で開催された「令和3年度高校生の自動二輪車等の交通安全講習」で聞いた参加生徒の声、ならびに埼玉県教育委員会が集めた […]

バイクを停めやすい東京が実現!? 東京都の新駐車対策案とバイクの駐車展望〈後編〉

’21年末、東京都が「総合的な駐車対策のあり方(案)」について都民に意見(パブリックコメント)を募集した。クルマ中心からヒト中心へとシフトする2040年代に向け、人が歩きやすい街づくりを実現するための様々な取り組みについて、駐車対策という視点から施策案をまとめ、意見を求めたのだ。前編に引き続き、都内バイク駐車環境の現状と、東京都の街づくり計画案の中でバイクの駐車環境がどのように考えられ […]

三ない運動にも影響必至! 成人年齢18歳引き下げ&免許不要の電動キックボード規制緩和問題

’22年は「三ない運動」という概念について再び強く問われる1年になりそうだ。なぜなら、「成人年齢を18歳に引き下げ」と「電動キックボードは16歳以上免許不要」という2つの大きなルール改訂が行われそうだからだ。「大人とは?」「モビリティとは?」について、根本的に大きく変わろうとしている。 再び三ない運動が議論に? まずは、2つのルール改訂について説明する。’22年の4月1日に […]

バイクを停めやすい東京が実現!? 東京都の新駐車対策案とバイクの駐車展望〈前編〉

’21年末、東京都が「総合的な駐車対策のあり方(案)」について都民に意見(パブリックコメント)を募集した。クルマ中心からヒト中心へとシフトする2040年代に向け、人が歩きやすい街づくりを実現するための様々な取り組みについて、駐車対策という視点から施策案をまとめ、意見を求めたのだ。将来のバイク駐車環境に関わる施策案も多いので、東京都が駐車対策に取り組む背景と、バイクの駐車構想について前/ […]

三ない運動問題・埼玉県の取り組み:高校生向け追加講習会を実施【参加率の向上も課題】

三ない運動を撤廃して”乗せて教える”交通安全教育へと転換した埼玉県。県内6エリアでの「高校生の自動二輪車等の交通安全講習(以降、高校生講習)」は、新型コロナ禍でもしっかりした感染対策の下で開催し、予定通り’21年10月にて終了した。その後さらに追加で講習が行われるということを聞き、取材を敢行。その模様をお届けする。 追加の高校生講習とは? 追加の講習会が開催され […]

約6年で29倍! 予約制バイク駐車場数が急増【日本二普協サイト掲載物件の約6割】

新型コロナ禍では、バイク免許の取得やバイクの購入が増加した。ツーリングを楽しむようなファンバイクにしろ、通勤通学/買い物といった生活の足として使われるコミューター(スクーター)にしろ、販売増が続いているのだ。”密を避けられる趣味”としてブーム再燃の兆しが見えているバイクだが、利用環境の要である”停める”についてはどのような状況だろうか。「全国バイク駐 […]

最新の記事

ホーム杜の都・仙台に6店舗目のZEPPAN UEMATSU開店【ウエマツ創立30周年|社長独占インタビュー】
WEBヤングマシン|新車バイクニュース