ユーザーメリットはどこにあるのか?|モーサイ

「OBD2義務化」によりバイクの新車価格が上がる!? そもそもOBD2とはなにか?

●レポート: 山本晋也 ●編集: モーサイ編集部(小泉元暉)

そもそもOBD2とは何なのか?

2021年、二輪業界の注目ニュースのひとつが原付二種クラス、ホンダ・グロムの大幅進化だろう。エンジンは新開発されたロングストロークタイプの排気量123ccとなり、トランスミッションは5速へとグレードアップした。さらにカスタマイズしやすい外観を得たことも特徴だ。

そんな新型グロムのメーカー希望小売価格は35万円(税抜き)となっているが、2013年のデビュー時には29万5000円(税抜き)、2016年に外観が大幅変更されたときは32万円(税抜き)だったことを考えると、ずいぶんと高くなってしまった印象を受ける。

新エンジンの開発やABSの標準装備化など価格アップの背景はいくつかあるだろうか、新型グロムにOBD2が採用されたこともその一端かもしれない。


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

最新の記事

ホームロイヤルエンフィールド新型「ヒマラヤ」発売! ナビシステム「トリッパー」も標準装備
WEBヤングマシン|新車バイクニュース