個人製作で5万円のモンキーZ50Mを……|モーサイ

カセットボンベで走るモンキーZ50Mを作っちゃった人がいた!「走りは? 排気ガスはクサい? 燃費は?」

フランスでは2040年までに、中国、アメリカ・カリフォルニア州などでも2030~2040年までにはガソリン車、ディーゼル車の販売を禁止する方針である……というニュースが最近世の中をザワつかせました。

日本でも2030年以降に同様の政策を取るといいますが、電気自動車や電動バイクは充電設備や航続距離など、現状を見る限り使い勝手に関してはやや辛い面があります。

であれば「ガソリン以外を燃料にする手があるのでは!?」などと思うわけですが、なんと個人でカセットボンベで走るモンキーZ50Mを作ってしまった人がいるんです。

当記事では、その車両の製作者であるまつしたさんにカセットボンベ燃料化としたきっかけ、カセットボンベを燃料とすることでエンジンを掛けたときのニオイ、エンジン音、走行感覚などは変わるのかなど、色々と話を伺いました。

●まとめ: モーサイ編集部(小泉元暉) ●写真: まつしたさん

カセットボンベ1本で約30分走るモンキーZ50M!

──なぜ、モンキーZ50Mのガソリンタンクを外してカセットボンベを取り付けようと思ったのでしょうか?

大学生(1979年)のころ、クルマが高くて中々買うことができず、どうしようかと悩んでいたら、中古のモンキーZ50M(1967年式)が5万円ぐらいで購入できたんですよね。形もカワイイですし、価格も魅力的だったので購入して、乗ることにしたんです。

しかし、中古で買ったときにはハンドルやシートが改造されていたので、元の部品を購入して、オリジナルに組み上げようとしていました。

ですが、元の部品を集めようと思ったときには、すでに部品の値段が高騰してしまったので、オリジナルに戻すのは断念。

その後、モンキーZ50Mに乗らずに放置していたら、カセットボンベで動く発電機があることを知って「(モンキーZ50Mも)いっそのこと、ガソリンを使わずに動かしてみよう」と、思ったんです。


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

マシン・オブ・ザ・イヤー2021
マシン・オブ・ザ・イヤー2021

最新の記事

WEBヤングマシン|最新バイク情報