ヤマハの“エモい”モーターを搭載

そのマシン、1088馬力!! ヤマハとスバルが強力タッグでニュルブルクリンク『400秒』に挑む!

ヤマハは、スバルテクニカインターナショナル(STI)が開発中の近未来モータースポーツEV「STI E-RA」に搭載される電動モーターユニットを提供したと発表した。STIは、このマシンでニュルブルクリンクのラップタイム400秒(6分40秒)に挑戦することを目標に開発を進めていく。

2023年のチャレンジに向けて……

ヤマハは、これまでのエンジン開発で築いた技術や感性により、エモーショナルなパワーユニットの創造を目指して開発したとする高性能な電動モーターユニットをスバルテクニカインターナショナル(STI)に提供したと発表。これを搭載するマシンは、STIが開発中の近未来モータースポーツEV「STI E-RA」だ。

これと同時にSTIは、地球温暖化対策を主としたカーボンニュートラル時代に向けて、モータースポーツの世界で新しい技術の経験と修練を積むことを目的として、STI近未来モータースポーツ スタディプロジェクト 「STI E-RA CHALLENGE PROJECT」を立ち上げ、同プロジェクトで開発を進めてきた「STI E-RA」のコンセプトカーを発表。本日2022年1月14日より開催中の東京オートサロンにて実車を公開した。

STIが発表した「STI E-RA (Electric-Record-Attempt) 」コンセプトカー
STIが発表した「STI E-RA (Electric-Record-Attempt) 」コンセプトカー

STIが発表した「STI E-RA (Electric-Record-Attempt) 」コンセプトカー。STIのDNAである「記録への挑戦」の意味を込めて命名された。 [写真タップで拡大]

STIによれば、このマシンは2022年に国内サーキットを含む走行実験を重ねたのち、2023年以降にニュルブルクリンクサーキットでのタイムアタックでラップタイム400秒(6分40秒)に挑戦することを最初の目標としている。

「走りの愉しさ」「絶対的な安心感」といった将来も変わらぬSUBARUらしさをSTIがより際立たせるため、SUBARUの強みである「全輪制御技術」の知見を活用し、システム最大800kW(1088ps)という高出力を、新たに採用する独自の4モーター4輪トルクベクタリング技術で制御。モーターはヤマハが供給するハイパーEV向けギア、インバーター一体式大トルク高回転タイプを採用し、蓄電量60kWhのリチウムイオンバッテリーで駆動するという。

独自のトルクベクタリングシステムは、走りの愉しさを最重要課題としたドライバー志向の制御で、4輪それぞれのグリップ限界までバランスを均等化させることで、グリップレベルを最大限に引き上げるとともに、車体の姿勢を安定させる技術だ。最大の効果を得るためには、荷重移動に伴って最適な駆動トルクを4輪に独立に与える事が最良の手段であり、車輪速、車速、舵角、G、ヨーレート、ブレーキ圧、輪荷重などの各種センサーからの信号をリアルタイムに計算し、目標のスタビリティファクターになるように各輪の駆動制動トルクを決めてインバーターに指示を出す。

4輪へダイレクトにモーターが付いているため応答性が高く、かつ車体のヨーを直接的にコントロールできる構造は、車両運動性能を最大化できるシステムとして考えられ、将来のモータースポーツ車両(FIA E-GT)のレギュレーションにも盛り込まれていることから、STIはこれを同社が取り組む最適な方向性と捉えているとした。

東京オートサロンで実車を公開! [写真タップで拡大]

試作時点で350kW(476ps)の最大出力! これを4輪4モーター搭載

「STI E-RA CONCEPT」搭載ユニットの開発ベースとなった電動モーターユニット試作品|ヤマハ

「STI E-RA CONCEPT」搭載ユニットの開発ベースとなった電動モーターユニット試作品。 [写真タップで拡大]

ヤマハは2021年4月にハイパーEV向け電動モーターユニットの試作開発受託を開始したことを発表しており、今回のコンセプトカーに搭載された“エモい”パワーユニットは、これの発展版と思われる。2021年4月時点では、ハイパーEVなど高出力帯モビリティへの搭載を想定した最大出力350kWクラス(動作電圧800V)の電動モーターとしていた。

ヤマハは2021年7月、2018年に策定した「ヤマハ発動機グループ環境計画2050」を見直し、2050年までに事業活動を含む製品ライフサイクル全体のカーボンニュートラルを目指す目標を新たに設定した。そのなかでも、2050年までに「スコープ3(主に製品使用時など)」におけるCO2 排出量を2010年比90%の削減を目標に掲げており、電動モーターユニットの試作開発受託は、この目標達成に向けた取り組みのひとつとしている。


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

マシン・オブ・ザ・イヤー2021

最新の記事

WEBヤングマシン|最新バイク情報