インドのバイク&クルマ事情|モーサイ

インド製の二輪車が増えているけど、先進国向け四輪車にもインド製ってあるの?

A flag of India in the wind

●レポート:山本晋也 ●写真:スズキ/ホンダ/BMW/KTM/ハスクバーナ ●編集:モーサイ編集部(上野茂岐)

スズキ、KTM、BMWなど二輪ではインド生産車が増えている

ホンダが空冷単気筒のロードスポーツモデル「GB350」を日本で発表しました。

このモデル、すでにインドでは「ハイネスCB350」という名前で先行発売されていたことで、デビュー前から日本でも話題を集めていました。

生産もインド現地で行われるハイネスCB350ですが、なぜ、インドで先行しているのかといえば、かの地が二輪にとっての大きなマーケットだからです。

インドの二輪マーケットは2000万台規模で、同国の地場メーカーである「ヒーロー・モトコープ」はホンダに次いで世界2位の規模を持つ大メーカー。

インド製の二輪車がグローバルに展開されるのは不思議なことではありません。

では、四輪車でインド生産のモデルが日本で売られたことはあるのでしょうか。


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|最新バイク情報