レース速報|MFJ SUPERBIKE

【公式レポート】作本輝介が安定した速さを発揮しST1000クラス初優勝を達成!【全日本ロード第4戦】

ST1000クラスを筆頭に見応えのあるレースが続々!

前日のレース1とは違い、レース2はドライコンディションでの20周レースとなった。ホールショットを奪ったのは予選2番手の渡辺一馬で、ポールシッター岡本裕生は、やや出遅れて2番手。さらに榎戸育寛、前田恵助が続き、これがオープニングラップの順位となり、予選9番手の作本輝介が5番手にジャンプアップしてきた。2周目に作本は前田をパスして4番手に浮上。さらに作本は3周目の1コーナーで榎戸を抜いて3番手に上がる。

一方、渡辺と岡本のトップ争いは、4周目の1コーナーで、渡辺のインを突いた岡本が首位に立つ。そして2番手となった渡辺は、その4周目にラップタイムが上がらずに、一気に4番手までポジションを落としてしまう。その後も渡辺のラップタイムは上がらずにピットインすると、マシントラブルによりリタイアとなった。.


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|最新バイク情報