スペインでも松山選手が初表彰台

56RACINGの若武者が「SUGOロードレース選手権」でワンツーフィニッシュ!

5月9日(日)に菅生サーキット(宮城県)で行われた『SUGOロードレース選手権 第1戦』に、56RACING所属の小田喜阿門選手と山根昇馬選手が、全日本ロードレースの前哨戦として出場。ワンツーフィニッシュを飾る好成績を収めた。

●文:山下剛

56RACINGの若手ライダーたちが国内でも海外でも活躍中!

元MotoGPライダーである中野真矢さんが主宰する『56RACING』は、若手ライダー育成に注力しているレーシングチームだ。今季は13歳の中学生ライダー小田喜 阿門選手、山根 昇馬選手を擁立し、全日本ロードレース選手権J-GP3クラス特別参戦枠にスポット参戦する。

その前哨戦として、小田喜選手と山根選手の2名は、5月9日に開催されたSUGOロードレース選手権第1戦の『HRC NSF250R Challengeクラス』に参戦した。エントリーは3台のみだったものの、菅生を走るのは初めてという56RACINGの2名のライダーは予選から決勝までフロントローを獲得。小田喜選手はポールトゥウィンを決めての勝利となり、全日本へ向けて幸先の良いスタートを切った。

小田喜選手は公式予選で1分36秒918、決勝では1分38秒471のベストラップを叩き出す好調ぶりで、レースを終始リードする速さを見せつけた。

初めてのサーキット、スポーツランドSUGOで幸先のいいスタートを切り、全日本J-GP3に向けて良い経験を積むことができた。 [写真タップで拡大]

小田喜選手と山根選手がスポット参戦する全日本選手権J-GP3は、5月22日(土)と23日(日)にSUGOサーキットで開催される。J-GP3には両選手を含めた29名がエントリーしており、厳しいレースになることが予想される。このたびのSUGO選手権での経験を生かして、小田喜選手と山根選手がどこまで上位に迫れるかに注目したい。

また、56RACING出身で、今季はMoto3ジュニア世界選手権を戦っている松山拓磨選手は、5月9日にスペインで行われた第2戦のレース1で、初の表彰台となる2位を獲得した。

松山選手は、FIM Moto3ジュニア世界選手権でジュニア・タレント・チームのライダーとして戦っており、ホンダ・チーム・アジアのmoto3ライダーの一員としてフランスGPに参戦、世界選手権デビューする予定だ。 [写真タップで拡大]

松山選手は4番グリッドからスタートしたものの、予選で課せられたペナルティ消化のため8位まで順位を下げたが、猛烈な追い上げを見せて最終ラップでは首位に浮上。しかしながら最終コーナーでトップを明け渡し、0.076秒差での2位フィニッシュとなった。レース2では残念ながら転倒を喫し、リタイアに終わっている。

さらに、松山選手は5月16日(日)に開催されるMotoGPフランスGP(ブガッティ・サーキット)にワイルドカード参戦することが決定している。若き日本人ライダーの活躍は注目必須だ。

56RACINGチーム出身の松山拓磨選手。 [写真タップで拡大]


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|最新バイク情報