MV AGUSTA BRUTALE 800 ROSSO×ライドハイ

【MVアグスタ ブルターレ800ロッソ インプレ vol.2】専用スペックがもたらす、深くて広い懐

MVアグスタの主力ユニットに成長したエンジンが逆回転クランクシャフトの3気筒だ。その妙味を最も手軽に堪能できるスポーツネイキッド「ブルターレ800ロッソ」のフィーリングをお届けしよう。

●文:ライドハイ(伊丹孝裕) ●写真:長谷川徹

開けたくなる正確は、つくづくイタリアン

ブルターレ800ロッソ(以下、ロッソ)のリヤ周りはあまりにシンプルだ。車体の左後方から近づいた時は3本出しマフラーも視界に入らないため、造形はシンプルそのもの。250ccクラスのバイクにまたがるような気持ちでシートに腰を下ろすことができる。

ただし、ライディングポジションは思いのほか好戦的だ。アップハンドルにもかかわらず、上体は起こすよりも、やや前のめりな姿勢を取った方がしっくりとくる。印象としてはストリートファイターのそれに近く、ペースを上げれば上げるほど、メーターディスプレイとヘルメットの距離が接近。荷重を逃がさないよう、無意識のうちにフロントタイヤを押さえつけようとしている自分に気づく。

つくづくイタリアンバイクであり、MVアグスタだな、と思う。同ブランドのヒエラルキーの中ではエントリーモデルの位置にあるが、だからと言ってパーシャルスロットルでゆるゆると流すような走りをよしとしない。サウンドもレスポンスも刺激に満ちたもので、つい右手を解放。開けられるところは全部開けていきたくなる。

そうしたくなる、あるいはできてしまうのは、ロッソに与えられた110hpの最高出力に因るところが大きい。ブルターレ800RRの140hpならためらわれる場面でも、ロッソのそれならギリギリ、自身のスキルで引き出せるからだ。


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|最新バイク情報