MV AGUSTA BRUTALE 800 ROSSO×ライドハイ

【MVアグスタ ブルターレ800ロッソ インプレ vol.1】コスパのバランスがいい、MVアグスタのスタンダード

一部の装備を簡略化し、買いやすい価格を実現したMVアグスタのエントリーモデルが「ROSSO」の名を持つシリーズだ。現在、3機種がラインナップされている内、最も敷居が低い「ブルターレ800ロッソ」を紹介しよう。

●文:ライドハイ(伊丹孝裕) ●写真:長谷川徹

最小限の変更でプライスダウンを実現

2020年にMVアグスタのラインナップへ加わった新グレードが「ROSSO」(ロッソ)だ。798ccの3気筒エンジンを搭載する「ブルターレ」、「ドラッグスター」、「ツーリズモヴェローチェ」の3機種に設定されたわけだが、ここでは「ブルターレ800ロッソ」(以下、ロッソ)の概要をお届けしよう。

ROSSOはイタリア語で「赤」を意味する言葉である。語感から刺激的なホットバージョンを想像するかもしれないが、その役割を担っている上位グレードは「ブルターレ800RR」(以下、RR)であり、究極は998cc4気筒エンジンの「ブルターレ1000セリエ・オロ」だ。

では、このモデルのポジショニングはと言えば、ブルターレシリーズのスタンダード、もしくはエントリーに位置。現行のMVアグスタの中、最も買いやすい189万2000円というプライスタグを掲げているところからもそれが分かる。ブルターレ800RRの価格は212万3000円であり、ブルターレ1000セリエ・オロのそれは605万円だ。

気になるのはプライスダウンの中身だろう。MVアグスタを求めるユーザーにとって、安かろう悪かろうは受け入れられるものではない。


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|最新バイク情報