MV AGUSTA F3 800×ライドハイ

「F3 675」と「F4」のイイトコ取り!? 軽量スリムでコンパクトなミドルSS【MVアグスタ F3 800インプレvol.1】

「F3 675」の軽やかさと、「F4」の力強さを併せ持つ万能スーパースポーツとして誕生したのが「F3 800」だ。デビュー以来、熟成を重ねてきた最新モデルを紹介しよう。

●文:ライドハイ(伊丹孝裕) ●写真:長谷川徹、MVアグスタジャパン

並列3気筒、逆回転クランクという転機

1999年、750ccの並列4気筒エンジンを持つ「F4 Serie Oro」が発表され、MVアグスタの復活が本格化した。「Serie Oro(セリエオロ)」とは「ゴールドシリーズ」を意味し、つまり極めて嗜好性の高い存在だった。

事実、このモデルの生産は限定300台に留まり、瞬く間にオーダーが殺到した。その後、量産バージョンの「F4 750S」の生産が始まり、2005年には排気量が1000ccに拡大された「F4 1000S」が登場。その間、ネイキッドのブルターレシリーズもラインナップに加わり、新生MVアグスタの地盤が固められていったのである。

そんな中、2010年に大きな転機が訪れた。それが新世代のプレミアモデル「F3 675 Serie Oro」(世界限定200台)の披露である。

このモデル最大のトピックは、エンジンだ。世界グランプリ黄金期を想起させる並列3気筒をゼロから開発し、それを鋼管トレリスフレームに懸架。それでいて逆回転クランクシャフトを採用するという先進性もあり、大きな注目を集めることになった。


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|最新バイク情報