MTの血統が色濃いグラフィック

’21ヤマハMT-03の新色は最新MT系のストームフルオを踏襲【より過激なイメージに】

'21ヤマハMT-03の新色は最新MT系のストームフルオを踏襲【より過激なイメージに】

弟分も最新MTのストームフルオ色に

軽やかに舞い、使い勝手も高いスポーツネイキッドのヤマハMT-03/25。北米で発表された’21モデルのMT-03は、新型MT-09および07と同系の2色を新たに投入し、より過激なイメージとなった。

'21ヤマハMT-03の新色は最新MT系のストームフルオを踏襲

【’21 YAMAHA MT-03】■水冷4スト並列2気筒DOHC4バルブ 320cc 42ps/10750rpm 3.0kgm/9000rpm ■装備重量169kg シート高780mm 燃料タンク容量14L ■タイヤF=110/70R17 R=140/70R17 ●予想価格:調査中 ●予想発売時期:調査中 ※写真は’21北米仕様、諸元は’20国内仕様 [写真タップで拡大]

’21のMTシリーズは、デザイン&車体色の共通化を推し進め、従来以上に色濃く血統を感じさせる。カラー以外の変更点はなく、’20モデルで獲得したセンターモノアイの3眼フェイスやφ37mm倒立フォークを継承する。北米における価格は4599ドル(約48万4000円)で’20モデルから据え置き。日本での発売時期や車体色など詳細は続報を待ちたい。

'21ヤマハMT-03の新色は最新MT系のストームフルオを踏襲
[写真タップで拡大]

大型車並みのボリュームを目指したタンクカバーで1クラス上の雰囲気を演出。ストームフルオ(日本名パステルダークグレー)のグラフィックは各車で入り方が異なる。

'21ヤマハMT-03の新色は最新MT系のストームフルオを踏襲
[写真タップで拡大]

【北米は新グラフィック×2色】ストームフルオのほか、エアインテークとシートカウルにグラフィックが入るマットステルスブラックを用意。

'21ヤマハMT-03の新色は最新MT系のストームフルオを踏襲
[写真タップで拡大]

兄貴分よりひと足先に獲得していた3眼は、’21でも継続。プロジェクター式LEDモノアイの左右に、睨みの利いたLEDポジションを備える。

'21ヤマハMT-03の新色は最新MT系のストームフルオを踏襲
[写真タップで拡大]

多彩な情報を示す液晶メーターを’20で獲得。兄弟車のYZF-R3とは異なるアップライトなバーハンドルで、自在に振り回せるのも魅力的だ。


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|最新バイク情報