第50回『マシン・オブ・ザ・イヤー2022』 &『 マシン・オブ・ザ・50イヤーズ』人気投票受付スタート

ねとらぼ交通課の気になるYouTubeネタピックアップ

キャンピングカーってどうやって作られるの?【憧れのキャンピングカー製造工場へ大潜入】

アウトドア/キャンプ好きならば一度は憧れる“キャンピングカー”。キャンピングカーはどのように作られるのかご存じでしょうか。キャンピングカー製造/販売大手のバンテックが、製造工場の裏側をズバンと公開。「へぇぇー! こんな風に作られるのか」「これはスゴいなー」とキャンピングカーを欲しくなってしまった人が続出しています。


ねとらぼ交通課

キャンピングカーは、既存の車種をベースにキャビンを乗せたり、内装や機能を追加/加工したりして、使う人の用途や希望に合わせて仕立てる“カスタムカー”です。どこで買えるのでしょう? 一般車と同様に自動車メーカーの販売店(ディーラー)で注文できる例もありますが、多くはキャンピングカー製造/販売の専門店で買うのが一般的です。

キャンピングカーには、トラックをベースに荷台部へ居住スペースを乗せて仕立てる「キャブコン」や、専用シャーシで作る「フルコン/セミコン」、バスをベースにする「バスコン」、ハイエースなどのワンボックス車やミニバンをベースにする「バンコン」、軽トラや軽バンをベースにする「軽キャンパー」、キャビンをけん引する「キャンピングトレーラー」などがあります。

さっそく山形県村山市にある工場へ潜入し、キャンピングカー・CORDEシリーズが作られていく様子を見ましょう。居住スペース(キャビン)の外枠は海外で製造され、そのままコンテナで運ばれてくるようです。なんだか“部屋”がそのまま運ばれてきたようなでっかいスケール感に、いきなりわくわくです。

工場の外には、運転席だけで骨組み素っ裸の見慣れないクルマがたくさん並んでいます。これがベース車となる「トヨタ カムロード」。商用トラック「トヨエース/ダイナ」が元のキャンピングカー用車両だそうです。トラックの荷台/荷室の代わりに居住スペースとなるキャビンを載せることで、キャブコンタイプのキャンピングカーになるのですね。

ベース車両となるトヨタ「カムロード」 [写真タップで拡大]

キャビンを載せていきましょう。カムロードの屋根をスパッと切り取って、キャビンと合体。おぉぉ、いきなりもうキャンピングカーらしくなってきます。

カムロードに居住スペースを載せるとキャンピングカーのカタチに!

もっとも時間がかかり、ユーザーの使いやすさのためにこだわりを込めるのが内装仕上げです。電装類を張り巡らせて設置し、ソファー/ベッド/テーブルなどの家具類、エアコン/トイレ/水回りなどを置けば“部屋”が完成。そのままもう住めるー!

キャンピングカー、完成! [写真タップで拡大]

デカくて豪快、でも想像以上に丁寧な作業で手間と時間をかけて作られる“ほぼカスタムオーダー”なキャンピングカー。これに乗って気ままに旅したいな…と、憧れもさらに増しちゃいそうです。

動画にも「素晴らしい仕事!」「6月の納車を楽しみにしております♪」「クルマ工場の見学は、なかなかできないと思います」などのコメントが多く寄せられていました。皆さんも1台、いかがですか?(カナブンさん)

動画はこちら↓

※画像はYouTubeチャンネル『キャンピングカーメーカー公式チャンネル「VANTECH TV」』より。
※本記事は「ねとらぼ交通課」から寄稿されたものであり、著作上の権利および文責はすべて寄稿元に属します。掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。

関連する記事(ねとらぼ交通課)

最新の記事

WEBヤングマシン|新車バイクニュース