お子さまもオトナもワックワクー♪ 魅惑の“トミカ工場”へ潜入→ホントにちっちゃな“自動車工場”だった

こうやって作ってるのかー♪ タカラトミーの公式YouTubeチャンネルで、みんな大好きミニカー玩具「トミカ」ができるまでの知られざる裏側が大公開。普段は見られない製造工程、そしてお店に並ぶまでの様子にワクワクが止まりません。

ねとらぼ交通課

トミカは、デザイン/成形/塗装/組立の主に4つの工程で作られます。トミカ工場は現在、中国とベトナムにあるそうです。

工場では、ガンガン遊んでも壊れないトミカの要=亜鉛合金製のボディーやパーツがガチャコンガチャコンと機械で次々に作られていきます。ボディーを塗装して、エンブレムやヘッドライトなどの細かなところもとちゃんと色付けします。想像以上に手作業の部分も多い!  でき上がったパーツを組み立てていくと…、おぉぉ~クルマの形になったー!

次々に成形されていくトミカのボディーの山! ちっちゃい玩具だけれど、ガチな工場感がキモチイイ!

ドアが開閉したりアームが伸びたり、といったトミカならではの“可動”ギミックも含めて、キッズの所有欲を満たし、将来の“クルマ好きにする”&“社会を学ぶ”教育も行うリアルさの追求、そして遊んでも安全なよう、その裏ではガチ緻密なデザイン/設計を経て生み出されています。

最後に“スムーズに動くかどうかの走行チェック”もちゃんと行なって完成です。走り、だいじ。ホントにちっちゃな自動車工場だ。トラックに積まれ、ピッカピカのトミカがお店に運ばれていきました。

動画はお子さま&家族とぜひどうぞ。「トミカ買ってー!」とおねだりされてしまうこと必至です。(カナブンさん)

動画はこちら↓


※本記事は「ねとらぼ交通課」から寄稿されたものであり、著作上の権利および文責はすべて寄稿元に属します。掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。

関連する記事(ねとらぼ交通課)

最新の記事

WEBヤングマシン|新車バイクニュース