ねとらぼ交通課の気になるWEBネタピックアップ

“電子車検証”は何が変わる? 紙の車検証はICタグ付きA6サイズに【国交省が特設サイトオープン】

“電子車検証”は何が変わる?

国土交通省は、2023年1月から交付する“電子車検証”に関する情報をまとめた『電子車検証特設サイト』を開設しました。

ねとらぼ交通課

電子車検証は、自動車検査証(車検証)の電子化に伴い、2023年1月4日から交付する新様式の車検証。軽自動車の車検証に関しては、2024年1月から交付されます。

特設サイトでは、これから交付が始まる電子車検証について、自動車ユーザー(所有者/使用者)と自動車関係の事業者のそれぞれに向けた情報を、イラストなどをまじえて解説しています。

従来の車検証はA4サイズの紙ですが、電子車検証はA6サイズ相当の厚紙にICタグを貼り付けたものに小型化されます。

電子化後も“車検証の実物”は交付されますが、券面には「自動車登録番号/車両番号」「車台番号」「交付年月日」「使用者の氏名又は名称」「車名/型式」など、継続検査や変更登録などの影響を受けない基礎的情報のみを記載します。

「自動車検査証の有効期間」「所有者の氏名/住所」「使用者の住所」「使用の本拠の位置」などの情報はICタグのみに格納し、券面への記載はなくなります。

車検証の電子化に伴い、スマートフォンやPCでICタグに記録された車検証情報を読み取れる“車検証閲覧アプリ”の提供も開始する予定です。ダウンロード方法は、公開準備が整い次第案内されます。

車検証閲覧アプリでは、車検証情報の確認に加えて、リコール情報の表示や車検証の有効期限が近づいていることを知らせる“車検証有効期限お知らせサービス”も利用できます。(大泉勝彦


※本記事は“ねとらぼ交通課”が提供したものであり、著作上の権利および文責は提供元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。

関連する記事(ねとらぼ交通課)

最新の記事

WEBヤングマシン|新車バイクニュース