ねとらぼ交通課の気になるYouTubeネタピックアップ

オーナーわっくわくー♪ 買ったトヨタの新車が“納車されるまで”のびっくり~な裏側

買ったピカピカの新車は、一体どんなふうに納車されるのでしょう。群馬トヨタの公式YouTubeチャンネルで、「新車が納車されるまで」の知られざる新車輸送と納車整備の様子が公開されています。へぇぇ~! こんないろいろやってくれているのか。

ねとらぼ交通課

ふだん冷静な人でさえも、子どものようにウキウキワクワクを押さえられなくなってしまう魅惑の日、それが“納車日”。「ついに手に入れたよ…」その何ともいえないウキウキ感は、新車でも中古車でも、クルマもバイクも、商談を始めた瞬間から納車されるまでの“待ち期間”も絶えず漂い続ける、それはそれはキモチイイものです。

そんな新車はどんな行程を経て皆さんのもとに届くのでしょう? じつは、工場出荷→そのまま客へ納車、ではありません。

トヨタの工場から出荷された新車をたくさん積んだキャリアカーが入っていったのは、販売店・群馬トヨタグループの新車整備・輸送センター。広大なエリアにズラリと並んだ新車には、高級車も小型車も隔てなく塗装保護シートを張ってキズが付かないよう保護しているそうです。

トヨタの工場から運ばれてきた新車たちは… [写真タップで拡大]

輸送中に付いた細かい汚れは洗浄機で洗い落とし、さらに点検と車内クリーニング。ディーラーオプション類のナビやETCなどを取り付けて、ボディーコーティングもビシッと。オーナーの注文通りの仕様になっているかどうかももちろん確認します。へぇぇ、最終段階の整備はここで仕上げているんですね。

ビシッと磨きをかけて、メーカーの工場出荷時よりもピカピカに。販売店は、納車/引き渡しの瞬間を“最高の状態”にして納車するのです。そんなおもてなし感に、時にでっかいカギを持ってパシャリの“納車式”があるのも納得です。

最終整備+ピカピカになっていよいよ納車! [写真タップで拡大]

クルマ離れが叫ばれ、近年はもろもろの影響で生産数が少なくて買えない/納車待ち期間長すぎ…、といったこともあります。でも、クルマとの出会いってやっぱり何か特別。思わず“納車されたく”なっちゃいます。いいなぁぁ、楽しそうだなぁぁ。新車ほしいなぁぁ…。(カナブンさん)

動画はこちら↓


※本記事は“ねとらぼ交通課”が提供したものであり、著作上の権利および文責は提供元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。

関連する記事(ねとらぼ交通課)

最新の記事

WEBヤングマシン|新車バイクニュース