ねとらぼ交通課の気になるFacebookネタピックアップ

陸上自衛隊の車両整備工場に潜入。デカい車両も平然顔で「ぬんっ!」タイヤ交換=ひとつ150kg!

陸上自衛隊の車両整備工場

陸上自衛隊中部方面隊が、圧巻のデカーい車両がズラリと並ぶ「方面後方支援隊の車両整備工場」の裏側をズドンと公開。「これぞパワー!!」。縁の下のマッチョなお仕事とスケールのデカさにびっくりです。

ねとらぼ交通課

陸自の後方支援部隊は、主に他部隊に対してさまざまな車両機材の整備/補給/輸送支援/不発弾処理(!)といった後方支援を行う部隊。作戦実行に必須となる、縁の下のチカラモチ的な存在です。

では、おかめ&ひょっとこお面のおちゃめすぎる広報隊員さんと一緒に、伊丹駐屯地・第302通信直接支援隊の車両整備工場内部へレッツゴー!

手始めにタイヤ交換とオイル交換をしましょう。そんなの私もできるよ~と思う人も多いでしょうが、いえいえ、普通車とは“デカさ”(と、たぶん責任)が違います。それにしても、全長7m超/車両重量8.5t超/乗員22人という、かつて73式大型トラックと呼ばれた6輪駆動の陸自の足「3 1/2t(3トン半)トラック」の迫力ったらもう…。

なんせタイヤひとつで重さ約150kg/直径約1.1m(12R/22.5インチタイヤ)。でか! それをプロは「ぬん!」とパイプ1本、約5秒で取り外します。さすがの鮮やかな手際!

タイヤひとつで150kgもある…! [写真タップで拡大]

民間の車両整備工場との大きな違いは…? 「整備する車種がとにかく多いことですね。普通車から、中型車両、大型車両、そして特殊車両まで整備します」。この仕事の魅力は…? 「人から感謝されるのがうれしいですね」「あと、マイカーの車検整備なんかはサクッと自分でできるようになっちゃいます」

ドーン! “特殊車両”のひとつ・重装輪回収車(8輪駆動)。後方にクレーンやウインチを備え、装甲車の回収や整備支援、03式地対空誘導弾システムなどに使われる。 [写真タップで拡大]

動画には「パワー! ですね」「プロがすると簡単そうに見えるけど実際はスゴく難しいんですよね」「地味やけど大切な職種ですね」などのコメントが多く寄せられていました。(カナブンさん)

動画はこちら↓


※画像はYouTubeチャンネル『陸上自衛隊中部方面隊』より。 ※本記事は“ねとらぼ交通課”が提供したものであり、著作上の権利および文責は提供元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。

関連する記事(ねとらぼ交通課)

最新の記事

WEBヤングマシン|新車バイクニュース