ハンバーグ師匠=スピードワゴン井戸田、いきなりBMW 330ciカブリオレを400万円現金購入「12年待ってやっと買えた!」

スピードワゴン井戸田×BMW 330ciカブリオレ

お笑いコンビ・スピードワゴンの井戸田潤さんが、自身のYouTubeチャンネル『ハンバーグ師匠チャンネル』にて、「運命のクルマを見つけた!」と、いきなりBMWを買った様子を披露。えぇぇ、いきなり買っちゃった!?

ねとらぼ交通課

ハンバーグ師匠は、登場早々いきなり「突然ですが“井戸田”がクルマ買いました」「きょう納車です!」「ついに買っちゃったのです♪」と報告。買ったクルマはBMW 330ciカブリオレ。カッコよく、かなり目立つ4人乗りの電動オープンモデル。ドイツ車らしいシルバーの上質なクルマですが、あれ、ピンク色とかちょっと派手なカスタムじゃないのか? なんか師匠のキャラと少し違う気もします。

そうか。自分で「井戸田が買った」と言っているので、ハンバーグ師匠キャラではなくスピードワゴン井戸田で、ということのようです。「実はね、購入までにいろいろあったのよ…」と、含み笑いしながら買った経緯を明かしてくれました。

実はこのBMWのオープン、今をさかのぼること12年前、“買う寸前”まで契約手続きを進めながらも諦めた、心残りありまくりの車種でした。

当時、相方のスピードワゴン小沢さんもBMWのオープンモデル・Z4を所有。当時の井戸田さんは「コンビでそろってBMWのオープンカーってどうなの?」と揶揄される可能性を嫌がり、「(だとしても、俺が買うから)小沢さんにZ4手放してくれとも言えないよね」と、買うのを諦めたのだそうです。当時からやっぱりそんな性格の井戸田さん(笑)。

そんな思い入れのあるクルマに、ロケで偶然出会ってしまったのです。

「カブリオレで右ハンドルのMT車」「英国の330ciカブリオレのオーナーズクラブ会長が乗っていた」というこの車両、ATしか設定されなかった日本向け正規輸入仕様ではなく、もちろん左ハンドルのドイツ本国仕様にもない、英国専用仕様が並行輸入された個体。しかも「一度も雨に濡れたことがない」と、キレイ好きな師匠にまた刺さるエピソードもある、ちょっと古いながらもおそらく日本で乗っている人はほとんどいないレア仕様のクルマのようです。

気になるお値段は「原価(?)で400万円です!」。ひぇぇ! いや、レア車ですし意外と安いのか? 思い入れ込みならば、それはあまり関係ないのか。井戸田さんは札束を出してニコニコ現金一括払い。さすが!!

12年思い続けたBMWをオープンにして、「快適ですよ!」「気持ちいい~♪」とご機嫌そのもの。クルマってやっぱり、なんだかんだとその人の歴史や思いも深く刻んでいるものなんですね。なぜか、なんかいい話だ!

ファンからも「経緯を聞いたら、かなりレアな車なんですね」「古くてもカッコいいですね」「これはシブいなぁ」などのコメントが多く寄せられていました。(カナブンさん)

スピードワゴン井戸田×BMW 330ciカブリオレ

12年を経て、当時買うはずだったクルマを手に入れた井戸田さん。 [写真タップで拡大]

動画はこちら↓


※本記事は“ねとらぼ交通課”が提供したものであり、著作上の権利および文責は提供元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。

関連する記事(ねとらぼ交通課)

最新の記事

WEBヤングマシン|新車バイクニュース