ねとらぼ交通課の気になるYouTubeネタピックアップ

ハヤブサのエンジンを載せちゃった超魔改造ハチゴー!【レーサー・谷口信輝も仰天のヤバさ】

レーシングドライバーの谷口信輝さんが、自身のYouTubeチャンネル『NOBチャンネル』を更新。「ハヤブサのエンジンを載せちゃったハチゴー」に仰天した様子を披露しています。

ねとらぼ交通課

谷口さんはご存じ、かなりの“変態珍車マニア(自称)”。クセがありすぎるカタチの変態バイクで爆走し(関連記事)、カウンタックより目立つ開き方(!)という珍スーパーカー(関連記事)、どこか間違った方向へ突き進む気合い入りまくりな魔改造ミニバン(関連記事)などを、笑みを浮かべながら愛でています。

この他、自身でレストアしした1960年代のスポーツカー・ヨタハチ(関連記事)もかわいくカッコよくて好評。そして、「レーサー人生の原点」というハチロクにまた乗るぞー! と言いつつ、なぜかハチロクではなく「ハチゴー」を買って、それをイジっていく計画を着々と進めています(関連記事)

イジる前提で手に入れたハチゴー、どんな風にイジっていこうか…。そんなときに「ヤバい魔改造ハチゴーあるよ」「トミタクさんのハチゴー見ておいてよ!」と多く声が上がり、見に行かずにはいられなかったのが…、ブッ飛びなクルマ系ユーチューバー・トミタクさんの“魔改造ハチゴーでした。

エンジンがとにかくすごい! というトミタクさんのハチゴー。 [写真タップで拡大]

「これが噂のヤバいハチゴーですか!?」

「そうです。ハヤブサのエンジン使っています」

ここで言う「ハヤブサ」とは、排気量1300cc超、スズキのフラッグシップバイクとして名高いハヤブサのこと。

しかも、単なる“換装”ではなく、ハチゴーのエンジン(シングルカムの3A-U)の腰下に2代目ハヤブサエンジンのシリンダーヘッドを合体して組み上げたという、フツーの人では想像も付かない、ナナメ上へ突き抜けた魔改造っぷり。ひぇぇ…、こんなことができるのか!?

世界屈指の性能を持つ激速バイク「ハヤブサ」のエンジンを移植したハチゴー。よくあるエンジンユニットごとの換装ではなく、ハチゴーのエンジン(シングルカムの3A-U)にハヤブサエンジンのシリンダーヘッドを合体して組み上げたという、フツーの人では想像もつかない魔改造のシロモノです。 [写真タップで拡大]

「自作パーツ、加工品をこれでもかとぶち込んで、いっぱい壁にぶつかりながら作りました。1万1000rpmいきます」というトミタクさんオリジナルエンジンに、「これはマネしようと思っても無理だよ。スゴすぎるな」と仰天の谷口さん。

「めちゃカッコイイね!」「もうハチゴーじゃないね」「クルマの改造エンジンとオートバイの中間みたいなサウンド!」 性能も音もこだわり具合も“自他ともに認める変態同士”で意気投合。やっぱり、変態(最上級褒め言葉)だ…!

エンジン音も「おぉぉ~いい音!」 [写真タップで拡大]

「自他ともに認める変態」というお二人。 [写真タップで拡大]

この動画には、「見た目がノーマルってところがかっこいいよなぁ」「すごくいい音してる」「本当に二輪と四輪が混じった不思議な音で癖になりそう」などの絶賛コメントが多く寄せられていました。(カナブンさん)

動画はこちら↓


※画像はYouTubeチャンネル『NOBチャンネル』より。 ※本記事は“ねとらぼ交通課”が提供したものであり、著作上の権利および文責は提供元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。

関連する記事(ねとらぼ交通課)

最新の記事

WEBヤングマシン|新車バイクニュース