第50回『マシン・オブ・ザ・イヤー2022』 &『 マシン・オブ・ザ・50イヤーズ』人気投票受付スタート

既存カワサキ車と異なる新デザインだ!

【速報】カワサキ、ハイブリッドバイクの走行シーンを鈴鹿8耐で生公開!

モーターサイクルの電動化に積極的に取り組むカワサキは、電動とハイブリッド(HEV)のプロトタイプ車をすでに何度か公開しているが、今回、鈴鹿8耐のファン向けイベントの場でその走行シーンを生披露した。車両の詳細は何も語られず、具体的な情報はないが、HEVは既存車とは異なる新デザインをまとっていた点に注目!


●文:ヤングマシン編集部(マツ) ●写真:箱崎太輔

鈴鹿8耐の前夜祭でデモラン

カワサキの電動&HEVが走ったのは、決勝を翌日に控えた8/6の鈴鹿8耐前夜祭。ファン向けにカワサキレーシングチームのJ.レイらがトークショーを行った直後、2台のプロトタイプがホームストレートを走行したのだ。

今回は走行デモのみで、車両細部の撮影などはNGの上、車両の詳細も全く語られなかった。それでも、走行したプロトタイプは過去の車両からの進化を感じられるもの。さらに、HEVは発表済みの車両はニンジャ250系のデザインだったが、今回デモランを行ったのは既存のカワサキ車とはまったく異なる新デザイン。姿を拝めたのは本当に一瞬だったが、その完成度は非常に高く見え、今後に期待を抱かせるものだった。

ちなみに電動バージョンはZ250系の外装をまとっており、ほぼ無音でホームストレートを駆け抜けたが、HEVバージョンは途中でエンジンを始動させるサービスも(音質的には2気筒と思われる)。今回のデモランで分かることはこの程度しかないが、新情報があれば追ってお伝えしたい。

カワサキ|ハイブリッド|鈴鹿8耐

車体のベースはニンジャ250系のようだが、フロントブレーキはダブルディスクとなり、外装類も新規デザイン。シートカウルまわりはボリューム感のあるもので、ここにバッテリーが収められる? [写真タップで拡大]

カワサキ|ハイブリッド|ヘッドライト

緑色に光るヘッドライトはZX-25Rなどと共通性を感じさせるもの。ダクト類を多く刻むカウルからは、発熱量の多さが感じられる? [写真タップで拡大]

カワサキ|ハイブリッド|エンジン

エンジンからは2本のエキパイが伸びており、過去のプロト同様に2気筒と目される。フロントブレーキはダブルディスクで、これは重量増に対応したもの? [写真タップで拡大]

カワサキ|電動|鈴鹿8耐

こちらは電動バイクのプロトタイプ。外観はZ250/400とほぼ共通と思われるが、マフラーがないのが新鮮。 [写真タップで拡大]


※本記事は“ヤングマシン”が提供したものであり、著作上の権利および文責は提供元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|新車バイクニュース