HVにEV、新燃料も! 次世代パワートレーン全部やる!

ついに見えた! カワサキの水素エンジンはスパチャ+直噴か!?

トヨタとの提携で水素社会インフラの実現を目指す川崎重工の元、水素エンジンバイクの開発も視野に入れているカワサキ。そんな折りに水素燃料を見据えたエンジンの現物が公開された。ニンジャH2系のスーパーチャージャーユニットをベースとする直噴エンジンは、来たる水素エンジンの実現に向けた研究機という触れ込みだ。

●文:ヤングマシン編集部・松田大樹

2系統の燃料ライン。他燃料との混焼も想定?

10月1日に川崎重工から分社化し「カワサキモータース」を名乗ることとなったカワサキの2輪車部門。そのメディア向け説明会の会場に展示されていたのがこのエンジンだ。「水素エンジンの実現に向けて研究中」と銘打たれたガソリン直噴ユニットで、水素の活用を公言した2輪用エンジンとしては、おそらく世界で初めて一般公開されたものだろう。

技術的な説明は少なかったが、ベースがニンジャH2系の直4スーパーチャージャーエンジンなのは一目瞭然として、目立つのはカムカバー上に置かれたポンプ状の物体と、吸気ポート下に配され、燃焼室へ直接燃料を噴射するインジェクターの存在、その両者を繋ぐステンメッシュホースの燃料配管だ。ポート噴射のインジェクターとエアファンネル上から燃料を吹くトップフィード型インジェクターはそのまま残っており、つまりは市販H2系のエンジンに直噴用の燃料ラインを追加したような構成とされている。

この直噴用燃料ラインのデリバリーパイプは金属から削り出された頑丈そうなもので、かなりの高圧にも耐えられそうな作りとなっている。ポート噴射インジェクターの配管が樹脂製なのとは対象的だ。単純に一品物を削り出しで作っただけかもしれないが、高圧の水素を送ることを前提に直噴の燃料ラインを構築している……と考えたい。

実際に、今回カワサキが公開した水素エンジンの図版も直噴が採用されており、トヨタの水素エンジンカローラも直噴に加え、ターボチャージャーを採用していたことから類推するに、水素エンジンは直噴や過給器との相性がいいのかもしれない。となれば開発機がH2系のスーパーチャージドエンジンという点も頷けるし、逆に言えば水素エンジンはカワサキらしさが十二分に活かせるとも言える。

既存の燃料ラインを残しつつ、直噴用を加えて燃料ラインを2系統としているのは、テスト用に水素とガソリンを切り替えることを想定しているためと思われるが、ひょっとしたら2つの燃料を混ぜて燃やす「混焼」の可能性もあるのかもしれない。いろいろと妄想が膨らむ!

カワサキ|水素エンジン|直噴|スーパーチャージャー

カワサキが公開した「水素エンジンに向けて研究中」の2輪用直噴エンジン。ニンジャH2系の998cc直4スーパーチャージャーユニットをベースとしている。 [写真タップで拡大]

カワサキ|水素エンジン|直噴|スーパーチャージャー

赤く塗られたスーパーチャージャーはそのまま、ヘッドカバー上からシリンダー背面へと伸びる直噴用の燃料ラインを追加。外観上で目立つのはこの程度。 [写真タップで拡大]

カワサキ|水素エンジン|直噴|スーパーチャージャー|燃料ライン

赤矢印の先にあるのが通常のポート噴射用インジェクターで、その下の青矢印の先がシリンダー直噴用のインジェクター。2系統の燃料供給ラインを持つ。 [写真タップで拡大]

カワサキ|水素エンジン|直噴|スーパーチャージャー|燃料ライン

エンジン左面(ドライブスプロケット側)のシリンダー背面。青矢印のシリンダー直噴インジェクター用の燃料デリバリーパイプは、赤矢印のポート噴射用インジェクター用に対し堅牢そうで、高圧も許容しそうに見える。 [写真タップで拡大]

カワサキ|水素エンジン|直噴|スーパーチャージャー|燃料ライン

カムカバーからシリンダー背面へ伸びる直噴用の燃料ライン。ゴムホースなどではなく、ステンレスメッシュのホースが用いられる。 [写真タップで拡大]

カワサキ|水素エンジン|直噴|スーパーチャージャー|燃料ライン

その燃料ラインの出発点がこのポンプ状の物体。右側には電動ソレノイドのようなパーツも見える。削り出された一品物のカムカバーにも秘密アリ? [写真タップで拡大]

カワサキ|水素エンジン|直噴|スーパーチャージャー

カワサキが公開した水素エンジンのイメージイラスト。シリンダー内に直接燃料を噴射する、直噴機構を想定している。ちなみにトップ画像の車両は、同じくカワサキが公開した水素エンジン搭載車のイメージイラスト。 [写真タップで拡大]

内燃機関にハイブリッド、新燃料まで全面展開だ!

このメディア説明会の場でカワサキモータースの新社長・伊藤 浩氏は「カーボンニュートラルの実現に積極的に取り組み、この分野で2輪業界をリードしていく」と力強く宣言。2025年までに10機種以上のバッテリーEV(BEV)/ハイブリッド(HEV)を導入し、2035年までには先進国向け主要機種を電動化(BEV/HEV化)すると発表。さらに開発を進めているハイブリッド車のプロトタイプまでメディア向けに公開した。

カワサキモータース|新社長|事業説明会|伊藤浩

「HEVやBEVは売れるかどうか正直わからない。しかし、社会の要望が高いカーボンニュートラル実現のためにはやるしかない」と語る新社長の伊藤 浩氏。背後は川崎重工の”リバーマーク”を用いたカワサキモータースの新ロゴマーク。今まではニンジャH2やZX-10Rといったプレミアムモデル専用だったが、今後は採用範囲が広がる? [写真タップで拡大]

それと並行して「カーボンニュートラル燃料の活用」にも積極的に取り組み、水素やe-fuel、バイオ燃料といったCO2フリーの新燃料に力を注ぐことも発表された。これらを総合すると、カワサキは次世代モビリティ用として想定されるパワートレーン、そのほぼ全てを2輪に展開していくと発表したことになる。つまり新生カワサキはカーボンニュートラルの実現に向けて「次世代のパワートレーン、全部やるぞ!」と言っているのだ。

新聞やテレビなど大手メディアでは「カワサキは2輪も電動化へ!」といった報道が見られるが、これは今回の発表の一部分にすぎない。そもそもHEVはエンジンありきのパワートレーンだし、水素やe-fuelへの取り組みについてはほとんど触れられていないなど、偏った報道となっている点は2輪メディアとして是正しておきたい。カーボンニュートラルを積極的に推進するために電動化を強調してはいるものの、カワサキはガソリンに代わる燃料にも挑戦し、内燃機関という選択肢も残す方針である。

というわけで「え? カワサキは燃料を焚いてナンボだろ!」という方々もひとまずは安心してほしいし、伊藤社長は革新的な電動系車両に挑む一方で「メグロやZ900RSのような、伝統を継承するモデルは今後も投入していく」とも述べている。さらに株式を保有するビモータとはエンジン供給以上の協業についても検討中と明かされた。ネオクラ系の拡充に、新たな世界を切り開く電動系の投入、さらに超プレミアム路線の構築と”カワサキ無双”はまだまだ続きそうだ。

カワサキ|ハイブリッド

公開されたハイブリッドのプロトタイプ車。ベースはニンジャ250 or 400(排気量は未回答)だが、フレームは新作とされる。 [写真タップで拡大]

カワサキ|ハイブリッド|パワートレーン

ニンジャ250系エンジンのシリンダー背後にモーターを、車体左面に電圧変換用のインバーターを配置する。エンジン単体/モーター単体/エンジンとモーター併用の3モードで走行が可能なストロングハイブリッドだ。 [写真タップで拡大]

カワサキ|ハイブリッド|パワートレーン|アクチュエーター

ハイブリッドながらトランスミッションを搭載し、しかも変速はアクチュエーター(銀色の削り出し部品)制御とすることで、クラッチレバー操作不要でシフトチェンジを可能とするのも特徴。完全なAT走行も可能だという。 [写真タップで拡大]

カワサキ|ハイブリッド|パワートレーン|ラジエーター

エンジン冷却用ラジエーターの下には、モーター冷却用の小型ラジエーターを配置。配管のクリップやラジエーターのサイドタンクが樹脂製という点などから、モーターの冷却媒体はオイルではなく水と思われる。 [写真タップで拡大]

カワサキ|ハイブリッド|パワートレーン|バッテリー

ハイブリッド用バッテリーはカワサキの自社開発品(この日は非公開)で、オレンジの配線が見えるシート下に置かれる。大きさとしては既存の始動用バッテリーの2〜2.5倍といったところ。 [写真タップで拡大]

カワサキ|ハイブリッド|クラッチレバーレス

見ての通り、左側ハンドルレバーにクラッチレバーは装備されない。マニュアル変速の操作はボタン式を想定している(写真のスイッチはダミー)。 [写真タップで拡大]

カワサキ|電動バイク
カワサキ|電動バイク

会場では電動バイクのプロトタイプも展示。こちらは2019年のミラノショーで公開されていたものの改良版。 [写真タップで拡大]

カワサキ|電動バイク|充電

通常のバイクで燃料タンクにあたる部分に充電ポートを配置。通常充電と急速充電の両方に対応している。 [写真タップで拡大]

カワサキ|電動バイク|トランスミッション|クラッチレバー

電動バイクながら4段のトランスミッションを持ち、クラッチレバーも装備される。その下にある銀色のレバーは回生ブレーキの操作用。 [写真タップで拡大]

今後のカワサキはニューモデルラッシュ?

今後の事業方針についても説明があり「分社化で経営自由度を高め、消費者の変化に素早く柔軟に対応できる体制とする」「2021年度で4100億円を見込んでいる連結売上高を2030年には1兆円へ伸長させる」ことなどが発表された。特に後者の実現に向けては、かなり積極的な拡大路線を採る必要があるため、今後のカワサキからはより多くの新機種が続々と投入されることになりそうだ。

また、カワサキモータースは川崎重工で唯一のBtoC事業でもあり、カワサキブランドの牽引役、イメージリーダーとしての存在感が期待されていることや、さらに重工の一員としてグループ内での連携や協業も推し進め、川崎重工が「コングロマリットプレミアム」への発展を目指していることなども述べられた。

カワサキモータース|メディア説明会|川崎重工|橋本康彦社長

メディア説明会では川崎重工の橋本康彦社長も登壇。グループ内でカワサキモータースが担う役目について説明した。 [写真タップで拡大]

カワサキモータース|メディア説明会|カワサキモータースジャパン|桐野英子社長

日本におけるカワサキ製品の販売を担当する、カワサキモータースジャパンの社長には桐野英子氏が就任。川崎重工グループ初の女性社長としてその手腕が期待される。 [写真タップで拡大]

最新の記事

WEBヤングマシン|最新バイク情報