チームカガヤマ鐵隼応援プロジェクト

ねとらぼ交通課の気になるネタピックアップ

うぉぉ~楽しそう!! ビジネスバイクの頂上決定戦「CUB-CUP日本GP」8月に富士スピードウェイで開催

街で見かけるあのはたらくバイクが! ビジネスバイクの日本一決定戦「第2回 CUB-CUP日本GP」が、’22年8月13日に富士スピードウェイで開催されます。

ねとらぼ交通課

「CUB-CUP」は、スーパーカブやジャイロなど、街の働き者=ビジネスバイクのみが参戦できるチーム対抗3時間/6時間耐久レースです。全5戦の’22年CUB-CUP(富士スピードウェイ カートコース)のうち、第3戦は「第2回 CUB CUP日本GP(3時間耐久レース)」として、F1やスーパーGTマシンなども走る富士スピードウェイの国際レーシングコース(!)を舞台に、ビジネスバイク日本一を競います。おぉぉ~!

無改造のビジネスバイクで競う!

参戦条件は、「メーカーが”ビジネスバイク”として販売する車両」で「無改造のノーマル、原型にこだわりその美しい姿を崩さないこと」です。スーパーカブ/ジャイロ/ベンリィ/ギアなどが挙げられます。

クラス設定も”活躍の場”別です。普段の業種と正しく合わないかもしれませんが、

  • ピザ クラス(50cc以下AT車)
  • 新聞 クラス(2サイクル50cc以下)
  • すし クラス(4サイクル60cc以下)
  • ラーメン クラス(2サイクル90cc以下)
  • そば クラス(4サイクル90cc以下)」
  • そばプロ クラス(4サイクル100~110cc)
  • カレー クラス(4サイクル125cc以下)
  • 電気 クラス(電動車)

の8つを設けます。なお、CUB CUP日本GP以外のCUB-CUPには、改造自由の「職人」クラスもあります。

設定クラスと車両規定(大会Webサイトより/「職人」クラスはCUB CUP日本GP未設定)

参加資格は18歳以上、チーム構成は1チーム2人以上で上限なし。普段使う自慢の配達バイクで参加可能。参加料は4万8500円/チーム、参加申し込みは’22年3月15日から。(大泉勝彦

スタートは「ルマン式」
その気になればいつも使っている配達マシンで参加可能

関連する記事(ねとらぼ交通課)

最新の記事

ホーム【動画で解説】本気でバイク屋さんにタイヤ交換を教えてもらったら、簡単レベルが高すぎて感動モノだった
WEBヤングマシン|新車バイクニュース