バイクスタンドのスタンドアップをサポートする「お助けラバーバンド」〈Jトリップ〉

Jトリップ お助けラバーバンド

Jトリップが、ショートローラースタンドの「V受け」を使いつつ、1人でもリフトアップが簡単にできる「お助けラバーバンド」をリリースした。まさにコロンブスの卵的な発想で生まれたサポートアイテムだ。

●文/写真:ヤングマシン編集部(箱崎太輔) ●外部リンク:Jトリップ

スタンドのプロが生んだサポートアイテム

愛車に使ってみたいバイクスタンド。しかしひとりでスタンドアップするのは不安という人もいるはず。

そんな人に向けて、Jトリップでは「はじめてスタンド」をリリースしている。アクスルの穴にシャフトを通し、ひとりで安心してリフトアップできるもので、チェーンなどのメンテナンスに好適だ。

しかし、愛車のスイングアームにボスのネジ穴があるのなら、そこにフックを付けて「V受け」でリフトアップしたくなる。この方法ならリヤタイヤを取り外すメンテナンスが可能となるなど、作業の幅がグッと広がるからだ。

しかし、はじめてスタンドと比べてV受けをひとりで使うのは難しそう…そんな悩みを解決してくれるのが「お助けラバーバンド」。これひとつで、V受けでもひとりで簡単にリフトアップが完了するのだ。

Jトリップ お助けラバーバンド
[写真タップで拡大]

【お助けラバーバンド】●価格:660円(5枚入り)

お助けラバーバンドの使い方

Jトリップ お助けラバーバンド|ショートローラースタンド
[写真タップで拡大]

今回使うのは、「V受け(3080円)」を装備したJトリップのショートローラースタンド(1万3750円)。

Jトリップ お助けラバーバンド|使い方
Jトリップ お助けラバーバンド|使い方

まず、サイドスタンドの状態でハンドルを左一杯に切り、前ブレーキをロック。これはゴムバンドなどでもOKだ。 [写真タップで拡大]

Jトリップ お助けラバーバンド|使い方
[写真タップで拡大]

スイングアーム右側のスタンドフックに、お助けラバーバンドを写真のようにセット。色々なサイズのフックボルトに対応。

Jトリップ お助けラバーバンド|使い方
[写真タップで拡大]

V受けの下部に設けられている突起がポイント。ここにお助けラバーバンドの真ん中の小さな穴を引っ掛けるのだ。

Jトリップ お助けラバーバンド|使い方
[写真タップで拡大]

V受けをスタンドフックにあてがい、引き伸ばしたラバーバンドをV受けの突起に引っ掛けてスイングアームと固定する。

Jトリップ お助けラバーバンド|使い方
[写真タップで拡大]

サイドスタンド状態でも、お助けラバーバンドによりスタンドフックとV受けが固定されている状態になる。

Jトリップ お助けラバーバンド|使い方
Jトリップ お助けラバーバンド|使い方

ナンバープレートの横に立ち、バイクを起こしつつスタンドの後端に足を掛けて、下に踏み込んでリフトアップが完成。 [写真タップで拡大]


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

マシン・オブ・ザ・イヤー2021

最新の記事

WEBヤングマシン|最新バイク情報