上・手・近・道「工具あれこれ」

アダプタータイプのデジタルトルクレンチなど、バイクいじり向けオススメ便利ツール×5選〈ストレート〉

ボルトナットを着脱する作業において、締め付けトルクは重要な要素のひとつ。緩まないように締めるのは当然だが、過大なトルクが悪影響につながることもある。今回は、そうしたトルク測定作業で以前から好評だったトルクアダプターのほか、サンデーメカニックに人気の工具メーカー/ショップのストレートが販売する、モトメカニック編集部おすすめ便利ツールを5点紹介しよう。

●文/写真:モトメカニック編集部 ●外部リンク:ストレート

トルクレンチアダプター:セッティングが簡単で表示単位も変更可能。音と光でトルクが分かるお買い得モデル

トルクアダプターは工具メーカー各社から発売されているが、ストレート製は測定範囲の広さとリーズナブルな価格が大きな魅力。測定精度は必要十分な数値を確保しており、実用面で不満や不足を感じることはない。

使いたいときにサッと取り出して本体で測定値が入力でき、電池が切れたら入手しやすい単4電池を入れ替えるだけという簡便さは、ビギナーからベテランまで誰もが使いやすさを実感できるはずだ。

価格はリーズナブルなのに測定範囲が広い、ユーザーにとっては文句の付けようがないトルクアダプター。差込角3/8インチは100Nm以上が測定できるので、車体まわりでも重宝する。大きなトルクを測定するときは長いスピンナーハンドルを使うと測定が安定する。

トルクレンチアダプター|ストレート

【ストレート トルクレンチアダプター デジタル式 15-7541/15-7583】●ストレート会員価格:6~30(Nm) 差込角1/4″(6.3mm)5800円 / 27~135(Nm) 差込角3/8″(9.5mm)5800円 [写真タップで拡大]

トルクレンチアダプター|ストレート
[写真タップで拡大]

スプリングとコロを組み合わせたプリセット式トルクレンチは、カチッとクリックする際にトルクが変化する可能性があるのに対して、トルクアダプターはLEDインジケーターターとアラーム音でトルクを知らせるので、測定中にトルクが変動する要素がない。

トルクレンチアダプター|ストレート
トルクレンチアダプター|ストレート

測定値の設定は本体下部の+と-ボタンで行い、入力後しばらく待てば測定可能になる(写真左は20.0Nmにセットした状態)。過去50回分の測定値が自動記録されるので、作業後の再確認も可能。通常の測定はNmで行うが、表示単位をkg-cm/kg-m/lb-in/lb-ftに変更できる。 [写真タップで拡大]

トルクレンチアダプター|ストレート
トルクレンチアダプターケース|ストレート

以前の同社製トルクアダプターはボタン電池だったが、現行モデルは単4電池に変更され入手しやすくなった。耐衝撃性が高い専用ブローケースも付属する。 [写真タップで拡大]

ブレーキピストンロッキングプライヤー:キャリパーメンテの必須ツール。レストアにも使えるロック機能付き

ブレーキフィーリングを改善するキャリパーピストンの揉み出し。定期的に作業すれば問題はないが、放置期間があると通常のプライヤーでは滑って回らないこともある。そんな時、ピストン内壁に当たるジョーをロックできるタイプなら、滑らずしっかり保持できる。

ブレーキピストンロッキングプライヤー|ストレート

【ストレート ブレーキピストンロッキングプライヤー 19-9870】●ストレート会員価格:2740円 [写真タップで拡大]

ブレーキピストンロッキングプライヤー|ストレート
ブレーキピストンロッキングプライヤー|ストレート

ハンドル部分の構造は完全にロッキングプライヤーと同一。ピストン内径に合わせてジョーの開き幅を調整して握り込めば、手を離しても外れないので、ピストンを回すことだけに集中できる。 [写真タップで拡大]

ブレーキピストンプライヤー:ブレーキタッチ向上に役立つキャリパーピストン揉み出しに最適

普段からキャリパーメンテを行っているなら、ロック機構が省略されたこちらのプライヤーで十分だろう。ジョー外周の滑り止め加工によりピストンをしっかり掴み、左右に回しながら引き出すことも可能。作業時は引っ張りすぎてキャリパーから抜かないように注意する。

ブレーキピストンプライヤー|ストレート

【ストレート ブレーキピストンプライヤー 19-9889】●ストレート会員価格:1750円 [写真タップで拡大]

ブレーキピストンプライヤー|ストレート
ブレーキピストンプライヤー|ストレート

ピストンを洗浄する際はブレーキレバーを握って押し出すが、キャリパー内面とブラシが干渉して届かない部分もある。その際にプライヤーで回せば磨き残しを防止できる。 [写真タップで拡大]

ピストンベース:ピストンの傾きを押さえてリング破損を予防。エンジン組み立て時の便利ツール

シリンダーにピストンを挿入する際、ピストンリングの圧縮と並んで重要なのがピストンの倒れ防止。ピストンが傾かなければリング破損のリスクも下がるからだ。アルミ製ピストンベースは至極単純だが、これがあるだけでエンジン組み立てが一気にはかどるのだ。

ピストンベース|ストレート

【ストレート ピストンベース 19-100】120×39×11.5mm ●ストレート会員価格:1400円 [写真タップで拡大]

ピストンベース|ストレート
[写真タップで拡大]

アルミ製の本体の二股部分でコンロッドをまたぎ、クランクケース上面とピストン下面で挟めばシリンダーをまっすぐセットできる。2個のピストンを同時に挿入する4気筒エンジンではありがたさを実感する。

キャリパーホジ郎:キャリパーシール溝を徹底クリーニング。バイク用のL型ヘッドは小径ピストンに対応

シール溝の汚れやフルードカスの除去は、キャリパーオーバーホールの必須作業。シール溝の隅に当たるようヘッド部分がシャープに加工されたキャリパーホジ郎。バイク用は従来のT型ヘッドをL型に変更し、ピストン径が小さいキャリパーに対応できるのが特長だ。

キャリパーホジ郎 バイク用|ストレート

【ストレート キャリパーホジ郎 バイク用 19-3300】●ストレート会員価格:800円 [写真タップで拡大]

キャリパーホジ郎 バイク用|ストレート
[写真タップで拡大]

ピックツールではピンポイントしか狙えず傷を付けるリスクがあり、割り箸では硬い汚れに歯が立たない。キャリパーホジ郎はそんなイライラを解消してくれる。


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

※この記事はバイクいじりの専門誌『モトメカニック』に掲載したものを加筆修正したものです。最新の雑誌は書店もしくは下記サイトにてお買い求めください。

モトメカニック

バイクいじりの専門誌『モトメカニック』のお買い求めはこちら↓

最新の記事

WEBヤングマシン|最新バイク情報