上・手・近・道「工具あれこれ」

日常のメンテナンスに使える役立ち工具セレクト【プラグ穴がナメそうな時の補修etc.】

サンデーメカニック御用達・アストロプロダクツの工具ラインナップから、日常のバイクメンテナンスに使える役立ちアイテムをセレクト。プラグホール修正タップ|ソフトトレー|1/4DR タップホルダー|カーウォッシュタオル厚手|マグネットTOOLマット

●文/写真:モトメカニック編集部 ●外部リンク:アストロプロダクツ

プラグホール修正タップ:グリスをたっぷり塗って使えば安心。リーズナブルにプラグ穴を修正できる

気を抜いて斜めに差し込むと数山でカジり「ヤバい!!」となりがちなプラグホール。軽傷のうちならこのタップでシリンダーヘッドの雌ねじを修正できる可能性がある。切り粉がシリンダー内に落ちるのを避けるため、ネジ部にグリスを塗布して使用するのがコツ。

AP|プラグホール修正タップ

【AP プラグホール修正タップ】M10×1.0&M12×1.25/M14×1.25 ●価格:748円/649円
  [写真タップで拡大]

AP|プラグホール修正タップ
[写真タップで拡大]

工作用のタップと異なり、修正タップには先端部分からネジ山があり、えぐり取られたネジ部で崩れた雌ねじを修正していく。

AP|プラグホール修正タップ
[写真タップで拡大]

NGKプラグの場合、M10ネジがCプラグ、M12がDとDCプラグ、M14がBプラグとなる。エンジンに合わせて選択しよう。

AP|プラグホール修正タップ
[写真タップで拡大]

M10/M12用の六角部は21mmソケット、M14用は19mmと差込角3/8ハンドルが使える。エンジンによっては六角部が邪魔になることも。

ソフトトレー:作業場所の工具や部品を散らかさない。用途に合わせて選べる3サイズセット

メンテナンス作業に必要な工具を次々と持ってきた結果、バイクのまわりが工具だらけに…。その前に用意しておきたいのがツールトレー。3個組みのこのトレーは熱可塑性ゴム(TPR)製で、プラスチックやステンレス製と比べて、燃料タンクの上に置いても傷つけにくく滑りにくいのが特長だ。

AP|ソフトトレーセット

【AP ソフトトレーセット】3個組み ●価格:3828円 [写真タップで拡大]

AP|ソフトトレー
[写真タップで拡大]

柔らかいゴム製で、折りたためばトレイに乗せた工具を一気に運べる。端部の穴をフックに掛ければ収まりも良い。外寸はS285×140×25mm、M285×205×25mm、L540×300×25mm。

AP|ソフトトレー
[写真タップで拡大]

自動車のエンジンルームや室内など凹凸のある面だけでなく、燃料タンクの上でも滑らず安定する。裏面に砂利やホコリが付いたら、水道で洗い流せば傷付きを防止できる。

タップホルダー:エクステンションバーとのセットで奥深い場所の雌ネジにも届く

フラットタイプのタップハンドルは奥行きのある部分で使えないという弱点を克服するタップホルダー。差込角1/4インチのドライバーハンドルやT型ハンドルをセットすれば、周囲に干渉物がある雌ねじにも余裕で届き、タップがブレることなく修正できる。

AP|1/4DR タップホルダー

【AP 1/4DR タップホルダー】M5-M12/M3-M8 ●価格:1298円/1078円
  [写真タップで拡大]

AP|1/4DR タップホルダー

M3~M8用/M5~M12用のいずれも差込部の凹は1/4インチで、さまざまなシブイチ駆動工具を使える。従来製品よりスリムになり、狭い場所での使い勝手も向上している。 [写真タップで拡大]

AP|1/4DR タップホルダー
[写真タップで拡大]

ローレット部分を回してチャック部分を広げ、タップ後部を差し込んだらグラつかないようにしっかり締める。後部が角断面ならエキストラクターも取り付け可能。

AP|1/4DR タップホルダー
[写真タップで拡大]

ボルトの回りが渋いときは無理をせず、タップを通して修正しよう。タップからハンドルまでの距離を取れるから、組み立て後に雌ねじのダメージに気づいても対応できる。

カーウォッシュタオル:モコモコとした分厚い毛足でたっぷり吸水。幅広く使える多用途クロス

アストロプロダクツが取り扱う数種類のカーウォッシュタオルの中で、洗車好きにもっとも人気なのが極厚のマイクロファイバークロスを用いたこのタオル。極細繊維の吸水性と汚れを絡め取る能力は抜群で、洗車やワックスがけはもちろん、キッチンクロスとしても優秀。サイズは450×300mm。

APカーウォッシュタオル厚手

【APカーウォッシュタオル厚手】●価格:495円 [写真タップで拡大]

マイクロファイバーの毛足
[写真タップで拡大]

マイクロファイバークロスといっても性能はまちまちだが、このタオルは吸水性も良ればけワックスやコーティング後の拭き取りにも良い。当然使い捨てなどではなく、繰り返し使えるから長い目で見れば買い得だ。

貼るだけで工具や部品が置ける、どこでも使えるマグネット内蔵マット

上掲のゴム製ソフトトレーに対して、こちらはポリウレタン製の表皮の内側に36個のフェライト磁石を内蔵。磁石が金属面に張り付くのは当然だが、斜めや垂直面でも工具やボルトナットの置き場に使える。トレーを蹴飛ばして中身をまき散らす心配も無用。

AP マグネットTOOLマット

【AP マグネットTOOLマット】●価格:1628円 [写真タップで拡大]

燃料タンクに貼っておけば工具や部品を置ける
[写真タップで拡大]

Sタイプのサイズは270×205mmで、440×170mmのLサイズもある。あらかじめ燃料タンクに貼っておけば、工具や部品を気軽に置くことができる。使用前に貼り付け面の鉄粉や金属片を取り除くこと。


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

※この記事はバイクいじりの専門誌『モトメカニック』に掲載したものを加筆修正したものです。最新の雑誌は書店もしくは下記サイトにてお買い求めください。

モトメカニック

バイクいじりの専門誌『モトメカニック』のお買い求めはこちら↓

最新の記事

WEBヤングマシン|最新バイク情報