MV AGUSTA DRAGSTER RR SCS×RIDE HI

【MVアグスタ ドラッグスターRR SCS インプレ】日常性を手に入れたイタリアンストリートファイター

「ドラッグスターRR SCS」の最新モデルが上陸し、デリバリーが進んでいる。アイデンティティの象徴でもある片持ち式ワイヤースポークホイールはそのままに、大小様々な改良を敢行。最大のトピックは、SCS(スマートクラッチシステム)が採用され、利便性も大幅に引き上げられたとことだ。

●文: ライドハイ(伊丹孝裕) ●写真: 長谷川 徹

レバー操作は、してもしなくてもいい

2021年モデルのドラッグスターシリーズには、「ドラッグスターRC SCS」、「ドラッグスターRR SCS」、「ドラッグスターROSSO」の3機種がラインナップされている。ドラッグスターRC SCSはレーシングキット(公道走行不可)が同梱された限定仕様であり、ドラッグスターROSSOはスペックを抑制したエントリーモデルだ。ここで紹介するドラッグスターRR SCSはその中間に位置するモデルで、シリーズの主力を担っている。

実際、最高出力や価格はその通りのものになっている。

・ドラッグスターRC SCS 最高出力150hp/12,800rpm(レーシングキット装着時) 価格341万円
・ドラッグスターRR SCS 最高出力140hp/12,300rpm 価格286万円
・ドラッグスターROSSO 最高出力112hp/11,000rpm 価格218万1,300円

このように、ドラッグスターROSSOとの間には、約68万円のギャップがあるものの、28hpアップの出力とKineo社のワイヤースポークホイール、そして利便性に優れるSCS(スマートクラッチシステム)への対価としては正当だ。それでいて、ドラッグスターRC SCSより格段にリーズナブルに感じられるところに、ポジショニングの巧みさが光る。

以前掲載したドラッグスターROSSOのインプレッションにおいて、「最高出力は控えめながら中回転域のレスポンスに優れる」と記した。その印象は今も変わらないが、このシリーズを手にするユーザーは多かれ少なかれ「人とは違うモノが欲しい」という欲求が強いことだろう。


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

最新の記事

MV アグスタ DRAGSTER 800RRの価格情報新車・中古バイク検索サイト ウェビック バイク選び

MV アグスタ DRAGSTER 800RR

MV アグスタ DRAGSTER 800RR

※ 価格は全国平均値(税込)です。

新車 4価格種別 中古車 0

本体

289.85万円

価格帯 257.4~330万円

本体価格

本体

―万円

価格帯 ―万円

諸費用

2.15万円

価格帯 ―万円

諸費用

諸費用

―万円

価格帯 ―万円

乗り出し価格

292万円

価格帯 273~301.5万円

乗り出し価格

乗り出し価格

―万円

価格帯 ―万円

Webike バイク選びで 新車・中古車を探す
WEBヤングマシン|新車バイクニュース