新開発の2気筒/3気筒エンジンを搭載

MVアグスタ「ラッキー エクスプローラー計画」始動! パリダカを制した偉業を現代へ

MVアグスタは、イタリア・ミラノで開催中のEICMAで『LUCKY EXPLORER PROJECT(ラッキー エクスプローラー プロジェクト)』と名づけた2台のアドベンチャーマシンを発表した。『5.5』は554cc水冷並列2気筒エンジン、『9.5』は931cc水冷並列3気筒エンジンを搭載し、走行特性がまったく異なる2台となっている。

●文: 山下剛

パリダカを制したカジバの偉業を再現するMVアグスタによる2台のアドベンチャー

1980年代はパリダカールラリーの全盛期だった。1979年の第1回でヤマハ・XT500が優勝すると、BMW R80G/Sとホンダ・NXR750が覇権を争った。そして90年代に入ったとき、間隙をついて優勝を果たしたのがカジバ・エレファント900だ。カジバはさらに94年にもエレファントでパリダカを制している。

MVアグスタが発表した『LUCKY EXPLORER PROJECT』は、そのオマージュであり、ヘリテイジだ。当時、パリダカに参戦したエレファントの車体には、『LUCKY EXPLORER』の赤い丸印のロゴマークが、カジバのメインスポンサーとして燦然と輝いている。

さて、新しいバイクファンのためにMVアグスタとカジバとの関係を簡単に説明しておこう。MVアグスタは1923年にイタリアで創業、40年代からバイク製造を手がけ、50年代から70年代にかけてロードレースで活躍し、多くのチャンピオンシップを制した。しかし70年代後半、経営破綻に陥ったためにバイク製造からの撤退を余儀なくされ、その名を歴史から消した。

イタリアの一流レーシングブランドの消滅に対して、黙っていられなかったのが、父が興したカジバ社を継いだクラウディオ・カスティリオーニだ。彼は金属加工業だったカジバ社をバイクメーカーへと転身させると、たちまち成功をおさめる。そしてハーレーダビッドソン、ドゥカティ、モトモリーニ、ハスクバーナを次々と買収した後、ついにMVアグスタのブランド名を継承したのだ。そして99年には社名をカジバからMVアグスタへ変更し、現在に至っている。

そんな経緯をたどったカジバが80年代に製造していたデュアルパーパスマシン(当時はまだ“アドベンチャーバイク”という名称はない)が『エレファント』だ。エレファントには125、200、350、650、750、900と実に豊かな排気量バリエーションが生まれたが、650cc以上のモデルにはドゥカティ製空冷Lツインエンジンが搭載されていた。パリダカで2度の優勝を果たしたのも、Lツインを搭載したエレファントである。

このたびMVアグスタが発表した『LUCKY EXPLORER PROJECT 5.5/9.5』は、カジバ時代の歴史と偉業を再現するものだ。5.5と9.5の2台は搭載エンジンこそ異なれど、その外観はいずれもエレファントの力強い造形をしっかりとモチーフとしている。

LUCKY EXPLORER PROJECT 5.5

LUCKY EXPLORER PROJECT 5.5 [写真タップで拡大]

5.5に搭載されるエンジンは、新開発となる554cc水冷並列2気筒エンジンで、鋼管トレリスフレームに搭載される。組み合わされるホイールはフロントが19インチ、リアが17インチとなっており、KYB製前後サスペンションによって、オフロードのみならずオンロードも快適に走破できる特性を意図している。

対する9.5は、やはり新開発となる931cc水冷並列3気筒エンジンで、F3などに搭載される800cc並列3気筒をベースとしている。ボア、ストロークともにアップして排気量を約130cc上げているが、エンジン外寸を変更することなく改良を果たした。その結果、エンジン重量はわずか57kgに抑えられている。

このエンジンはスチール製ダブルクレードルフレームに搭載され、フロントは21インチ、リアには18インチのワイヤースポークホイールが組み合わされる。このホイールはチューブレスタイヤに対応しており、オフロード走破性に優れる豊富なブロックタイヤを装着できる。

前後サスペンションはザックス製で、フロントフォークはφ50mm倒立、リヤはモノショックが装着される。これらは電子制御式で、ダンピング、コンプレッション、プリロードが路面や走行状況に応じて自動調整される。ストローク長はそれぞれ220mm、210mmと十分で、優れたオフロード走破性を持つ。そのほか8段階トラクションコントロールやクルーズコントロール、オートシフターなども搭載している。

MV AGUSTA LUCKY EXPLORER PROJECT 5.5

主要諸元■全長2220 全幅915 全高― 軸距1505 シート高860(各mm) 車重220kg(乾燥)■水冷4ストローク並列2気筒DOHC4バルブ 554cc 47.6ps/7500rpm 5.19kg-m/7500rpm 変速機6段 燃料タンク容量20L■タイヤサイズF=100/80ZR19 R=150/70ZR17 ●価格:未発表

MV AGUSTA LUCKY EXPLORER PROJECT 5.5

MV AGUSTA LUCKY EXPLORER PROJECT 5.5 [写真タップで拡大]

MV AGUSTA LUCKY EXPLORER PROJECT 5.5

MV AGUSTA LUCKY EXPLORER PROJECT 5.5 [写真タップで拡大]

MV AGUSTA LUCKY EXPLORER PROJECT 5.5

MV AGUSTA LUCKY EXPLORER PROJECT 5.5 [写真タップで拡大]

MV AGUSTA LUCKY EXPLORER PROJECT 5.5

MV AGUSTA LUCKY EXPLORER PROJECT 5.5 [写真タップで拡大]

MV AGUSTA LUCKY EXPLORER PROJECT 5.5

MV AGUSTA LUCKY EXPLORER PROJECT 5.5 [写真タップで拡大]

MV AGUSTA LUCKY EXPLORER PROJECT 5.5

MV AGUSTA LUCKY EXPLORER PROJECT 5.5 [写真タップで拡大]

MV AGUSTA LUCKY EXPLORER PROJECT 5.5

MV AGUSTA LUCKY EXPLORER PROJECT 5.5 [写真タップで拡大]

MV AGUSTA LUCKY EXPLORER PROJECT 5.5

MV AGUSTA LUCKY EXPLORER PROJECT 5.5 [写真タップで拡大]

MV AGUSTA LUCKY EXPLORER PROJECT 9.5

主要諸元■全長2270 全幅980 全高― 軸距1580 シート高850/870(各mm) 車重220kg(乾燥)■水冷4ストローク並列3気筒DOHC4バルブ 931cc 123ps/10000rpm 10.4kg-m/7000rpm 変速機6段 燃料タンク容量20L■タイヤサイズF=90/90-21 R=150/70R18 ●価格:未発表

MV AGUSTA LUCKY EXPLORER PROJECT 9.5

MV AGUSTA LUCKY EXPLORER PROJECT 9.5 [写真タップで拡大]

MV AGUSTA LUCKY EXPLORER PROJECT 9.5

MV AGUSTA LUCKY EXPLORER PROJECT 9.5 [写真タップで拡大]

MV AGUSTA LUCKY EXPLORER PROJECT 9.5

MV AGUSTA LUCKY EXPLORER PROJECT 9.5 [写真タップで拡大]

MV AGUSTA LUCKY EXPLORER PROJECT 9.5

MV AGUSTA LUCKY EXPLORER PROJECT 9.5 [写真タップで拡大]

MV AGUSTA LUCKY EXPLORER PROJECT 9.5

MV AGUSTA LUCKY EXPLORER PROJECT 9.5 [写真タップで拡大]

MV AGUSTA LUCKY EXPLORER PROJECT 9.5

MV AGUSTA LUCKY EXPLORER PROJECT 9.5 [写真タップで拡大]

MV AGUSTA LUCKY EXPLORER PROJECT 9.5

MV AGUSTA LUCKY EXPLORER PROJECT 9.5 [写真タップで拡大]

MV AGUSTA LUCKY EXPLORER PROJECT 9.5

MV AGUSTA LUCKY EXPLORER PROJECT 9.5 [写真タップで拡大]


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

マシン・オブ・ザ・イヤー2021
マシン・オブ・ザ・イヤー2021

最新の記事

WEBヤングマシン|最新バイク情報