最近のトレンド/進化のポイントは?

’20ヘルメット最新潮流×6ポイント【超大型スポイラーからスマートヘルメットまで】

  • 2020/6/7
'20ヘルメット最新潮流×6ポイント【超大型スポイラーからスマートヘルメットまで】

[1] 超大型スポイラー:モトGP仕様の市販版が登場

モトGPとスーパーバイク世界選手権(SBK)向けヘルメットの市販版として、大型リヤスポイラー搭載のフルフェイスが登場したのが’20年最大のトレンド。レースを管轄するFIMが新規格「FRHPhe-01」を制定し、’19年6月3日以降はこの規格の取得が義務付けられた。X-14のように従来品で公認を受けた製品もあるが、新開発されたモデルも多く、これが一般にリリースされることに。超高速域の安定性が抜群で、もちろん公道走行もOKだ。

Arai RX-7X FIM Racing #1 Arai

Arai RX-7X FIM Racing #1

SHOEI X-14

SHOEI X-Fourteen

エックスライト X-803RS ウルトラカーボン

X-LITE X-803RS ULTRA CARBON

シャーク レースRプロGP FIMレーシング#1

SHARK RACE-R PRO GP FIM RACING #1

[2] ピンロックシート:二重構造で曇りをシャットアウト!

低温や雨によるシールドの曇りを防いでくれるのが二重構造のシールドだ。現在の主流は「ピンロックシート」。偏芯ピン付きの専用シールドの内側に、薄いアクリル製のシートを装着することで温度差を緩和し、曇りを防ぐスグレモノだ。

ピンロックシート

ピンロックシート

ピンなしのシールドにも貼り付けて装着できる、汎用のウインズ製「フォグウインプラス」(3300円)も販売中。ゲル状の特殊粘着材付きシートで、密着性は高い。

[3] サンバイザー:スモークとクリアを瞬時に切り替え

スモーク仕様のサンバイザーを帽体に内蔵し、スイッチひとつで出し入れできるヘルメットが流行中だ。日中はバイザーで眩しい日差しを遮り、トンネルなど不意の暗転にも即対応。夜はバイザーをオフにし、常に良好な視界を保てる。状況が刻々と変化するツーリングに便利だ。

サンバイザー

サンバイザー

シールド外側にバイザーを装着するアウター型のアライ・プロシェードシステム。対応ヘルメットならバイザーを後付けできる。

[4] インカム対応:スピーカーをスマートに収納

音楽や通話を楽しめる人気のインターカムは、メット内にスピーカーを搭載する必要がある。昔は設置に苦労したが、最近はスピーカー用ホールを設けるなどインカム装着を考慮したモデルが増加中だ。

SHOEI ネオテックII

SHOEI ネオテックIIなどのように、専用インカムをビルトインできる製品も登場。空力が有利で外観もスマートだ。

インカム対応

インカム対応モデルは、パッドを外すとスピーカーを収めるホールが出現。耳元がキツくならない。写真のようにコードを通す溝を設けたモデルも。

[5] カーボン帽体:軽くて強靱、外観も◎

通常の樹脂より圧倒的に軽く、見た目もスポーティなカーボン帽体。以前は数10万円もする”高値の花”だったが、近頃はリーズナブルなモデルが増えてきた。3万円台から購入できる製品もある。

カーボン帽体

[6] スマートヘルメット:夢の製品、市販化迫る

ヘッドアップディスプレイ(HUD)を搭載し、ナビの情報などが視界に浮かぶ未来型モデル。実際に市販化された例は少ないが、国内にもいよいよ登場間近だ。

スマートヘルメット

スマートヘルメット

スマートヘルメット内では映像が浮かび上がる!

●まとめ:沼尾宏明

最新の記事

固定ページ:

1

2

※本記事の内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。